どうも。ゆっぺです。

あの超人気iPhoneケースブランド「AndMesh」に新色が追加された。

色は、アイボリー、クレイグリーン、テラコッタ、ネオブルー、レイクグリーンの5色だ。春モデルということで、色合いが落ち着いていて春らしいカラーリングをしている。

ちょうどAndMeshの商品を買おうと思っていた私からしたら朗報だ。

早速緑好きの私は「レイクグリーン」を購入した。もちろんiPhone Xモデル。

さらに、「AndMesh春の新色割引」ということで、新規会員登録すれば1,000円割引きクーポンが配布されていた。

この機を逃すわけにいかまいと言うことで、会員登録をしてAmazonではなく公式サイトで購入した。

それでは早速見ていこう。

スポンサーリンク

AndMesh iPhone X レイクグリーン

価格

まず価格から見ていこう。

本体価格 ¥3,000(税別)※iPhone Xの場合

私の場合、クーポンを利用しての購入だったので、3,000(本体価格)+160(消費税)−1,000(クーポン)=2,160だった。

もし購入する場合、会員登録がまだの人であれば間違いなく公式サイトで購入したほうが得だ。

大人な雰囲気を感じせる「レイクグリーン」

大人な雰囲気を感じさせる「レイクグリーン」。私には似合わないかもしれないが、色的には好みだ。

新色5色は、意外にもポップな色ではなく全ておとなしめの色だったので驚いた。

iPhoneケースの中でも「レイクグリーン」なんて色はあまり出回っていないので、レアなのではないか。大人な女性など似合いそうだ。

細部までこだわり抜いた上質な作り

AndMeshの商品を手にしたのは初めてなのだが、第1印象として質がよくかなり丁寧に作られていると感じた。

以前までAndMeshによく似たサードパーティーの物を使っていたのだが、やはりAndMesh社のものは訳が違う。

カメラの位置も、乱暴に装着しても必ずこの位置にカメラが来て、ピッタリとはまってくれる。

もちろんスピーカー、コネクタ位置も完璧だ。スピーカーに至っては、他社の製品は6穴分ばっさりまとめて切り抜かれているが、AndMesh社のカバーは1穴1穴丁寧に切り抜かれている。こういう細かいところまで行き届いてくれるのが、大人気の理由だろう。

表面はiPhone液晶の湾曲した部分まで保護してくれる。

しかしそれが裏腹に、湾曲した面まで保護してくれる保護シートをつけているとケースと干渉し、保護シートが剥がれてきてしまうのだ。それで筆者は一枚無駄にした。

しかし、全てが全て干渉するわけではない。見ればわかるが、私は縁まで守るガラス保護シートをつけている。

見分け方として、厚みのあるもの(0.3mm以上)Dと書かれている保護シートは注意した方がいい。

厚みがあればあるほど干渉しやすくなる。ちなみに画像にある私のつけている保護シートは0.26mmだ。

アップルマーク付近は穴が少し大きくなり、リンゴマークが浮かびやすくなっている。

リンゴの光がさり気なく見える背面がめちゃめちゃかっこいい。

ちなみにこれが私が以前まで使用していたサードパーティのケースだ。穴の大きさは小さめで、カメラの位置もずれがあったので、良かったとはあまり言えない。

AndMeshはその全ての悩みを解決する完璧とも言えるケースだ。

実際の使い心地はというと・・・最高。

たまらん。この一言につきます。

なんて言い表したら良いかわかりませんが、「このカバーは本当にしっかりしている!安心だ!」と叫びたくなるほど気持ちよく手にフィットしてくれるんですよね。

そして、持っているとき背面のボツボツを指でなぞるのが気持ちいい。ボタンの押し心地も悪くない。耐久力もかなりありそうです。

サラサラした手触りですが、握ればすべり止めが効くように動かないので、ドジんない限り落とすことはなさそうです。

ただ、ポケットから出した時は少し不安が残りますね。しっかりポケットの中で握ってから取り出すようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

春の新色の中だと私は「レイクグリーン」が一押しですね。

新色以外にも、グレー、ネイビー、ブラック、レッドと定番の色も取り揃えているので、自分にあった色を選んで、AndMesh生活を手に入れましょう。

気になった方は是非。

スポンサーリンク
おすすめの記事