MacBookにSkinシールを貼るのは賛否両論ありますが、Skinシールを貼るのがかっこいいと思っている人には朗報です。

常識を超えたカスタマイズができるサイトがある。

それが、COLORWARE

どのようなサイトか実際に紹介しよう。

スポンサーリンク

COLORWARE

COLORWARE

こちらがトップページ。米サイトです。

英語がちんぷんかんぷんな筆者でもなんとなく理解できたのでおそらくみなさんも理解できるでしょう。

「塗装」「Skinシール」の販売を中心にしている企業です。日本への発送も対応しています。

何がやばいのかというと「種類の豊富さ」「カスタマイズ性」です。

詳しく見てみよう。

あらゆるデジモノを自分色に。

画像に載っているのは全体のほんの一部だ。

この他にもiPhoneやAir Pods、最近はNintendo Switchのカラーリングまで始め、注目を集めている。

見ての通り、部位ごとに細かくカラーリングができ、自分好みにカスタマイズできる。

試しにMacBookをカラーリングしてみた。TopKeyboardTrackpadBottomの4種類に分け、カラーリングできる。

さらにCOLORWAREのいいところはこのようにプレビューしながらカスタマイズできるところだ。

これにより、実際届いても「こんなはずじゃなかった・・・」という事態を避けられる。

Nintendo Switchもこの通り。

スポンサーリンク

塗装とSkinシール

カラーリングするのには2通りの方法がある。

塗装

・Nintendo Switch、PS4、Air Podsなど・・・

塗装に関しては、COLORWAREで本体(PS4やSwitch)を直接購入し塗装して発送してもらう方法と、すでに持っている本体を工場まで送り、塗装して返送してもらう方法がある。

Skinシール

・MacBook、iPad、iPhoneなど・・・

こちらはSkinシールのみを発送し、自分で貼る方法だ。

 

どれが塗装でどれがSkinなのかは、実際にサイトを見て自分で確認してほしい。

COLORWAREを選ぶメリット・デメリット

メリット

・カスタマイズ性の充実

まず他人とかぶることはないだろう。と言えるくらい自由にカスタマイズができる。

・プレビュー画面

先ほども紹介したようにプレビューしながらカスタマイズできるので、届くまでの不安が解消できる。

デメリット

・価格が高い

例に先ほど紹介したMacBookのカラーリングで精算すると、Skinのみで約$65、そこに送料$36が加わり、合計約$100かかる。日本円にするとおよそ12,000円だ。高すぎる・・・

・到着まで時間がかかる

工場から発送されるまで約2週間かかると記載されている。日本まで海を渡ってくると考えると、合計3週間はかかりそうだ。

まとめ

「自由さ」は高いが、反面「コスト」がかかる。

捉え方は人それぞれだが、筆者はカラーリングするのにこの価格は適正だと思う。

特に他人と被りたくない人にはとてもオススメだ。

興味があれば是非購入してみてほしい。

 

追記:購入してレビューしました!!

MacBookに「COLORWARE」のスキンシール貼ったら幸せになれた
この間「 MacBookを自分色に」ということでCOLORWAREの紹介をしました。 そこで今回、実際にCOLORWAREのMacBookスキンシールを試して...
スポンサーリンク
おすすめの記事