【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!〜L字型〜

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

先日『ラブリコ』を使って『仮想壁』を作りました。

【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!

この記事はその続きで、『同じようにL字型に仮想壁を作りたい』人向けの記事になります。

 

ゆっぺ
なんとなくサイドの壁が寂しかったので作ったよ!!

 

それがこちらです。

基本的な作り方は同じなのですが、配置・天井の高さが異なるカーテンレールと干渉してしまうため、少々工程が異なります。

 

説明がざっくりしている部分もあるので、詳しく作り方を見たい人は前回の記事を参考にしてください。

【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!

 

ゆっぺ
それでは作ってみよう!!

ラブリコ壁作成〜L字型〜|高さにあった木材を

前回は天井の高さが同じだったため、同じ2×4材を2本準備すればよかったのですが、

今回配置する位置の天井は高さが異なります。

 

しかし安心してください。

このようにそれぞれの高さにあった木材を準備すれば、高さが異なっていても作れます。

同じくアジャスターパーツの『ラブリコ』を使うため、天井高さ−90cmの木材を準備していただければOKです。

ラブリコ壁作成〜L字型〜|カーテンレール気をつける

私の場合カーテンレールがあるため、そこを避けるように内側に配置しました。

寸法を測る際はお気をつけください。

メインの壁に合わせて水平に1×4材を取り付けます。

この際もカーテンレールを避けるように取り付けましょう。

 

長さは窓枠を超えないように計測しました。

ラブリコ壁作成〜L字型〜|垂直に配置する際の注意点

垂直に配置する際、事前に気をつけておかなければならないことがあります。

それは『どう接触させるか』です。

 

以前作成した壁がすでに配置してあったため、

  • メインの壁の上にかぶせるように配置するのか。
  • 食い込ませるように側面の壁を奥側にするのか。

悩みましたが、メインが正面の壁のため、サブである側面の壁は食い込ませる形式に決めました。

そうなった場合、側面壁の1×4材の寸法もしっかり家の壁から測定しなければなりません。

 

木材を購入した後、

「あれ?側面の壁が足りない・・・」

「壁からはみ出ておさまらない・・・」

なんてことにならないように、事前に配置を決めてから木材を購入しましょう。

ラブリコ壁作成〜L字型〜|まとめ

無事きれいに設置することができました。

デスクともほぼぴったりくっつくので、メインの壁とは垂直に配置できたことがわかります。

 

高さの異なる位置に2×4材を立てる場合、寸法が異なるため事前の準備は念入りにしましょう。

メインのラブリコ壁はこちら

【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!

 

あわせて読みたい!

【簡単DIY】DIY初心者でも超簡単に作れるおしゃれPCデスクの作り方!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)