どーもこんにちは。 ゆっぺ( @greenvip_jp)です。

ゆっぺ
iPadにケースは付けているだろうか?

気にしない人は気にしないが、iPad Pro 10.5インチはカメラが出っ張っていて、床に置いた時に真っ先にダメージを受けるのは「カメラ」だ。

材質的には丈夫なガラスでできていて、割れない配慮ももちろんされているようだが、やはりガラスはガラス。割れるときは割れてしまう。

そこでiPad Proと同時購入をおすすめするのが、本体を守る「ケース」なのだが、ケースにもさまざまな種類のケースが存在する。

そこで今回は、いくつものケースを実際に購入して試してみた筆者が、「最終的にたどり着いた1番のおすすめケース」を紹介する。

スポンサーリンク

ケースの種類

ケースにもさまざまな種類のケースが存在する。大きく分けて3つ。

  • スマートカバー付きケース
  • 手帳型ケース
  • 背面のみのケース

これらのケースは全てiPad Pro 10.5インチの最大の弱点の「カメラ」部分をカバーできているが、人によって使いやすい使いにくいが出てくるだろう。

1つ1つ簡単に説明する。

オーソドックスなスマートカバー付きケース

1番ノーマルで使いやすいのはこのケースなのではないか。

iPadを覆うカバーといえば、通称「風呂蓋」と言われているこのスマートカバー。カバー部分を3角に折ることができ、スタンド代わりに使うことができる。

また、カバー自体にマグネットが内蔵されており、閉じた時に液晶にぴったりとくっつく。それによりひっくり返した時にカバーだけペラペラ動くのを防ぐことができる。

iPad標準搭載の、「自動スリープ」を使うこともでき、カバーを閉じれば自動的にiPadをスリープ状態にすることができる。

とりあえず迷ったらこのタイプを買うと良い。

ビジネスマンにおすすめ手帳型ケース

iPhoneでも使用している人多いと思うが、ビジネスマンやお洒落に見せたいならこの手帳型ケース。

機能性が高く、スタンド機能はもちろん物によってはカードポケット片手で持てるバンド、Apple Pencilホルダーが付いていることもある。

本皮を使っているものもあり、お洒落に見せたいのなら手帳型ケースを選択すると良い。

ただデメリットとして、スマートカバー付きケースと比べるとやはり少し重たく厚みが出る。

スタイリッシュに持ち歩きたいのならスマートカバー付きケースだが、機能性を重視するのなら手帳型ケースもいいと思う。

見た目関係なくとりあえず守りたい人向けの背面ケース

これは筆者は使ったことないのだが、見た目は何でもよく、まどろっこしいものが一切付いてなくてシンプルに使いたいのであればこの背面ケース。

「とにかくカメラだけ守りたい」「子どもが使うから落としたりの衝撃だけ防ぐことができれば良い」と思っている人は安価で子どもでも扱いやすいこの背面ケースを選ぶと良い

様々なケースがあるが、結局筆者が最後にたどり着いたもの

それは1番オーソドックスな「スマートカバー付きケース」だ。

やはり安定している。筆者はスタンド機能だけあれば十分なのでこのケースを選んだ。

しかし、このタイプにも色々なブランドのケースが存在する。

その中でも筆者の選んだのは「Apple純正 スマートカバー」+「スマートカバー対応ケース」の組み合わせだ。

ではなぜこれを選んだのか。

好きな色で組み合わせられる

「スタイリッシュかつお洒落に見せたい」

そんなことを考えた時に思いついたのがこの組み合わせ方式。

細かく言うと、筆者はApple純正のプロダクトレッド スマートカバーTPU製ソフトケースの組み合わせで使っている。

背面はクリアでゴールドを派手に見せ、表面はレザータイプの落ち着いた赤。この色合いが安定していると思い、これで使っている。

Apple純正スマートカバーは値段相当の質感

Apple純正のスマートカバーといえば、その辺のカバーと比べてかなり高級品だ。しかし、値段相当の質感はやはりある。

他の安いケースと比べた時に、1番違うと感じたところがこの折り目の部分。安いケースだと、硬くて気持ちよくパタパタ折れないのだが、純正だとペラペラ折れてとても気持ちがいい。

裏地も「やっぱり純正だな」と思うほどふわふわ柔らかい素材でできていて、液晶を優しく守ってくれる。

マグネットも、安いケースだと磁力が弱く少し衝撃を与えるとスタンドが外れてしまうが、純正だと強力な磁石でできているので勝手に外れることはまあない。

背面はやっぱりTPU製

軽量化、薄型化を目指したケースなら「プラスチック製」のケースを採用しているのがほとんど。しかし、筆者がおすすめするのは「TPU製」のケースだ。

iPadを守るためにケースを付けいているのに、プラスチック製の割れやすい素材でできていたら意味がない。特に安いケースだと落としてもいないのに勝手にヒビが入って来たりして、あっという間に使い物にならなくなってしまう。

そこでTPU製のケースは、ヒビ、割れはもちろんなく、衝撃にもかなり強い。「重い」と言う人もいるが、それは気持ちの問題だと筆者は思っている。

そして、筆者がTPU製のケースを選ぶ1番の理由として、滑り止め効果に繋がるからだ。

iPadを片手で持った時に、ザラザラしたプラスチック製のケースだとツルっと落として1発でお釈迦になるが、TPU製だと指に吸い付くので落とす心配はない。さらにボタンまで覆われていると、完全にカバーされているので埃や水など入っての故障がなくなる。

TPU製はかなりおすすめだ。

スポンサーリンク

まとめ

どんな種類を使いたいかは、目的や用途によってもちろん変わってくる。

全体的に使って来て筆者はこれがおすすめだと、あくまで1人の感想として受け止めて欲しい。

しかしこれだけは共通して伝えたい。

Apple純正のスマートカバーは最高。

スポンサーリンク
おすすめの記事