どうも。ゆっぺ(greenvip.jp)です。

ついこの間iPad Pro10.5対応「Smart Keyboard」を購入し、早くも3週間が経過した。

この3週間は書類作成でほぼ毎日Smart Keyboardを叩いては叩いては叩き続けてきた。

最初に手にとったときから興奮状態で満足感に浸っていた私だが、この3週間使い込んでその思いは変わったのか。思ったことを正直に書き綴ってい行きたいと思う。

本当に思うがままに書くからな!!!!!!!覚悟しろ!!!!!

スポンサーリンク

第一に思うこと。「やっぱり持ち運びに便利」

まず第一に思ったのはやっぱコレ。スマートに持ち歩けるSmart Keyboardの醍醐味。

今まで外部接続のポータブルキーボードとiPadを一緒に持ち歩いていたのだが、かさばってかさばってしかたがない。

そこでSmart Keyboardを使い始めたところ、その差は歴然。

「便利ぃぃぃぃぃんぃぃぃぃ!!」

カバンからスッと出せて、カバンにスッとしまうことができる。

厚みもこんなにも違うのだ。

Smart Keyboardよりもスマートに持ち歩く方法は他にない。

トランスフォーム的要素ですぐに使える

ガシャンガシャンガシャン!!といった感じで変形し、2秒もあればキーボードが使用できる。

ポータブルキーボードを使っていたときは、

iPad・キーボードを取り出す→キーボードをケースから出す→キーボードの電源を入れる→キーボードとiPadを接続する→使用

という工程があったがSmart Keyboardは、

iPadを取り出すトランスフォーーーーム!使用

といった3工程で済むのだ。

段取りを踏まず狭い場所でもコンパクトに起動できるので、スマートさはピカイチ。

スポンサーリンク

打ち心地がとにかく良く癖になる

Smart Keyboardのうち心地は独特。以前Smart Keyboardを購入レビューした記事でも述べたが、パコパコした打ち心地。

キーピッチは広め、スマートにしてはキーストロークが深めなのでしっかりとした打撃感が味わえる。

キー1つ1つが生地で覆われているので、最近話題になった「バタフライキーボード問題」が起こるなんてこともない。

耐水性もあり、コンパクトながらに頑丈な作りなので安心して取り扱えるのが良い。

角度がちょうどよく長時間見ても疲れない

傾斜がちょうどよく、長時間見ていても目や体に優しい。傾斜はおよそ45°。

さらにiPadとキーボードが一体化していることにより位置が固定されるので、指でiPadを操作しても変にずれたり倒れたりする心配がない。

Smart Keyboardはコネクタが外れやすい?

 

ここから少し残念だったポイント。

Smart Keyboardにしてからコネクタが外れやすくなった気がする。以前まで純正Smart Coverを使っていたが、1度も不意に外れたことがなかった。

やはり重さが問題なのか。もちろんキーボード状態で外れることはないのなが、Smart Cover要素で使うとたまーーーに外れる。

両方向から引っ張る力には強いが、ずれる力には弱いように感じる。

初期不良なのかこういう仕様なのか。様子見ですね。

iPad単体で使うと持ちにくい

見ての通りSmart Cover要素で裏にカバーを持ってくると、持ったときに少し沈んでしまう。

特に私は左手で主に持つので、毎度毎度必ず沈む。そして持ちにくい。

iPad Proはそこそこ重いので両手で使う人のほうが多いと思うが、私としてはとても気になったポイントだ。

先程のコネクタが外れやすい話で、この状態の時が1番外れやすい。

Smart Keyboardを開いたときの遠心力がすごい

これはSmart Keyboardの重みで起こる現象。開いたときにぐっと重みが来る。

これは仕方がないことなのだが、iPad単体でよく使う人はキーボードを使わないときは外したほうが良さそうだ。

あまりにも勢いよく開くとキーボードのみ吹っ飛んでいくので注意。

総合的にSmart Keyboardは・・・・

3週間使い込んでみて、総合的な私の評価は・・・・80点といったところ。

筆者は持ち運びに1番困っていたので、やはりSmart Keyboardに変えたことの恩恵は大きい。

しかし1番ネックになるのが価格面か。20,000円で満足できるかというと人それぞれ。「間違いなくどなたでもご満足いただけますよ〜!!!!!」とは言い難い。

筆者は買ってよかったとは思うが、気になる人はやはり実機に触れてみるのが良い。

家電量販店・近くのApple Storeに実機が展示されているので、気になった方は足を運んでみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事