どーもこんにちは。 ゆっぺ( @greenvip_jp)です。

以前までiPad mini4を使用していた筆者なのだが、動作に限界を感じ思い切ってハイパフォーマンスのiPad Pro 10.5インチに乗り換えた。

iPad miniとiPad Proってそもそもが利用用途違うのだが、色々な面で乗り換えて良かったと思った。

今回はiPad mini 4からiPad Pro 10.5インチに乗り換えて良かった点をそのまま書き殴っていく。

スポンサーリンク

見た目からして圧倒的存在感

まず性能重視のiPad Proか携帯性重視のiPad miniかだと、もちろんのことだがサイズが異なってくる。

筆者は簡単に持ち運べて簡単にインターネットが見れればいいやと思って1番小さいiPad miniを使ってきたが、iPad Proを初めて使ってみて案外画面が大きいのも悪くない。

インターネットであればiPad Proだと表示される情報量が圧倒的に多い。動画を見る際ももちろん大きい方がみやすい。

もっと大きいiPad Pro 12.9インチモデルがあるが、1番ちょうどいいサイズはこの10.5インチなのではないだろうか。

画面サイズの変更については、むしろ大きくて良かったというのが率直な感想だ。

処理性能は期待通り

今年(2017年)発売のiPad Pro 10.5インチは、Apple内モバイル端末でトップクラスの性能を持っている。そこら辺のノートパソコンよりも性能が良い。もちろん以前まで使っていたiPad miniとは比べものにならない。

iPad miniでもインターネット、動画閲覧くらいなら十分さくさくで動いていたが、iPad Proになると、どんな場面でも突っかかることなく動いてくれる。

タブが重なっていき「そろそろ重たいかなあ〜」と思っていてもパワフルすぎるiPad Proであれば難なく動いてくれる。

iPad Proは性能がウリだが、文句なしのパワーを持っていた。

スポンサーリンク

Apple Pencilが使えるのは大きい

iPad mini、iPad Proの異なるところでとても大きいのが「Apple Pencilを使えるか使えないか」ではないだろうか。

特に手書きでメモしたりお絵かきしない人であれば必要ないものであるが、ブログでよく図解する筆者であれば、Apple Pencilを使えるのはかなり大きかった。

さらに、以前のiPad Proより「リフレッシュレート」がMAX60Hz→120Hzまで性能アップした。

どういうことかというと、余計に画面がぬるぬる動いてくれるというわけだ。

1番効果が現れるところがApple Pencilを使っての筆記。以前よりなめらかなのが一目でわかる。

なめらかすぎて特にお絵かきしない人でもお絵描きしたくなるほどなめらかだ。

持ち運びにはさほど影響しない

大きさが違うことから、持ち運ぶ際もちろん負荷が余計にかかる。

しかし実際鞄にしまっていても「若干重たくなったかな」と思うくらいで、「iPad Proに変えたおかげで肩が痛くなった」なんてことはない。

片手でiPad Proを取り出すとなれば少しの力は必要になるが、それだけ中身が詰まっていると考えれば気にすることはない。

ベゼルが薄いことでさらに大画面表示

iPad Pro 10.5インチではベゼルが以前より薄くなっている。

それにより、よりスタイリッシュに見え無駄感が省かれた。

iOS11でより進化したiPad Pro

2017年リリースのiOS11により、新機能が増えよりパソコンに近い感覚で操作できるようになった。

筆者的に1番気に入っているのが、「タスクバーの表示」だ。

アプリを閲覧中でも下から指でぴょいっと上にスライドすればこのようにタスクバーが表示される。そして別アプリへと切り替えがスムーズにできる。

アプリの利用履歴は右端に表示されるのでありがたい。

また、ドラッグ&ドロップが使用できるようになり、ファイルの移動がよりスムーズに行えるようになった。

ぶっちゃけiPad Pro 10.5インチを購入してからほとんどMacBook12インチを触っていない。それはこのiPad一台でほとんどのことを済ませられるからだ。

とにかくiOS11がリリースされてからはさらにiPad Proの利用価値が増した。

容量は64Gは避けるべき

iPad Pro 10.5インチを買う人はただただインターネット閲覧や動画鑑賞が目的ではないと思う。きっとこのiPad Proでデータ管理したり文章の作成をしようと思っている人なのではないだろうか。

データの管理となると64Gは本当に心なさすぎる。

他のiPadと比べてかなり高価な物。ずっと使っていこうと思っている人がほとんどだと思うので、長い目で見て256Gはやっぱり欲しい。

もし金銭的に厳しいのであればやむを得ないが、もう少し貯金ができるのであれば絶対256Gモデルを購入した方が幸せになれる。

まとめ

iPad Pro 10.5インチ。とても高価なものだ。値段相当、もしくはそれ以上の力を持っている。

数年前からiPad miniは止まっているが、あのサイズ感はやっぱりいい。未だに根強い人気を持っている。

「サイズが大きすぎる」「値段が高い」「使いこなせない」と思う人は全くもってiPad miniや無印iPadでいいと思う。

しかし、少しでも気になっているのであれば全力でiPad Pro 10.5インチをおすすめしたい。間違いなくこの機種は「大成功」だ。

スポンサーリンク
おすすめの記事