この間iPad Air2を購入し操作に没頭している筆者だが、欲をはってiPadでブログを書きたくなってきた。

やはり外出先でブログを書くことを考えれば、MacBookを持ち歩くよりiPad Air+ポータブルキーボードのほうが軽量で負担が少ないかもしれない。

少しでもそう思うと、気づいたらもう行動に移っていた。まずはキーボードの調達だ。

Amazonで軽く検索したところ、「なんじゃこのキーボードは・・・」と筆者の目を引くキーボードに出会った。そして気づけばポチっていた。

そんな筆者の一目惚れしたキーボードがこちら。

スポンサーリンク

ロジクール ウルトラポータブルキーボード for iPad iPhone

ロジクール」社のポータブルキーボード。見た目はめちゃめちゃシンプル。

価格は定価8,800円(税抜)。このサイズのキーボードにしては少々値が張る。

キーボードにしては珍しいカラー「ブルー」を購入した。他にも「レッド」「ブラック」の計3色が存在する。

サイズは、

  • 幅 242mm
  • 厚み 6mm
  • 高さ 137mm
  • 重さ 180g

となっている。

付属品はこちら。

  • キーボード本体
  • USBケーブル
  • iPhone、iPadスタンド

スタンドは期間限定での付属と聞いていたが、Amazonで購入するとどうやら標準でついてくるらしい。

スタンドがほしい方は是非Amazonでの購入をおすすめする。

スタンドは少しきつめですが、ピッタリとはまる。

中心の位置は自分で調整する必要がある。

実際に筆者のiPad Air2を立てかけてみた。

サイズ感は完璧。しかし、iPadが圧倒的に重く、後ろに重心が行ってしまうため自立ができない。常にキーボードから手が離せない状態だ。

なので、iPadでキーボードを使いたいのなら別売りのスタンドを使用するか、iPad自身についているカバーのスタンド機能を使うしかない。ドッキングして使用するのは厳しそうだ。

外部接続部は右上のコネクタ1箇所のみ。

赤が電源OFFで、スライドさせて緑にすれば電源ONとなる。さらに、最初に一度ペアリングしてしまえば次回より電源ONにするだけで自動でペアリングしてくれるのでたいへん楽。

その下にはマイクロUSBでの充電ポートがついている。

筆者が魅力を感じたポイント

シンプルすぎるデザイン

単色で無駄感が一切ない超絶シンプルなデザイン。

まるで1枚の木の板のようだ。ここまでシンプルなキーボードは見たことがない。

このデザインに筆者は一目惚れしてしまった。

圧倒的携帯性

薄さがなんと6mmしかない。本当にキーボードなのかという薄さ。

サイズもiPad Air2にマッチするので、一緒に重ねて持ち歩くことができる。

キーボードでは珍しい防水機能

なんとこのキーボード、「防水機能」が備わっているのだ。キーボードにしては珍しくないか?

カフェでよく作業する筆者にとって、防水機能は万一のときに備えて嬉しいところ。

右上のコネクタ部分を除けば、コーヒーなどこぼしてしまっても乾いた布で簡単に拭き取れる。

スポンサーリンク

使い心地は?

肝心の使い心地なのだが、やはり携帯性重視ということでそんなにも良いわけではない。キー同士の感覚が狭いため、タイプミスが目立つ。

押した感じはMacBook12インチの「バタフライキーボード」にシリコン製のカバーを被せた感覚に近い。キーストロークが浅く、押すというより「叩く」に近い。

使用感はまずまずといったところ。いずれにしろ慣れれば問題なく使用できそうだ。

まとめ

一目惚れして買ったキーボードだが、非常にシンプルかつコンパクトで愛用しそうだ。

これからもバンバン文字を打って記事を書いていきたいと思う。

価格が少し高めだが、Amazonだと少し値下がりして購入できるので、そちらをおすすめしたい。

スポンサーリンク
おすすめの記事