どうも。ゆっぺ(greenvip)です。

 

iMacを近々購入しようと考えているのですが、

Magic Mouseは使いたくない。

 

現在使っているMacBookでも時たまMagic Mouseを使っているのですが、やっぱり使いにくいんですよね。

デザインがシンプルでいい。Apple独自の機能でウィンドウの切り替えが楽などとメリットもいくつかあるのですが、やはり握った時扱いにくいのがどうしても我慢できない。

 

先日新しいキーボードも購入し、どうせなのでマウスもApple以外のものを使おうと思い購入を決意。

[kanren postid=”2630″]

 

そんな思いから購入したマウスがこちら。

Logicoolのハイエンドマウス「MX MASTER 2S」

価格は約9,400円(Amazon価格)。定価は13,910円です。

ゆっぺ
(なんだこれ・・・使いこなせるのか・・・)

 

詳しい概要を見ていきましょう。

[box class=”green_box” title=”こんな人に読んでほしい!”]
  • ハイパフォーマンスを発揮するマウスがほしい!
  • 複数のパソコン間を行き来できるマウスがほしい!
  • カスタマイズ性の高いマウスがほしい!
[/box]

 

スポンサーリンク

MX MASTER 2Sを選んだ理由は?

第1になぜMX MASTER 2Sを選んだかというと、

 

見る限り高機能だったからです。(語彙力低すぎ)。

見る限りというのは、Amazon内やAmazonレビュー他者がブログで紹介しているマウス、いろーーーーんなところを見て回った時、このマウスが使いやすさ最強なんではないか?と思ったのです。

 

正直マウスの性能なんかはそこまで興味がなく、私が重視したのは、

  • Bluetooth接続であること
  • 長時間使っても疲れないこと
  • 壊れにくいこと

このくらいしか重視していませんでした。

そう考えると私にMX MASTER 2Sはもったいないかなーっと思ったのですが、長いスパンで考えるといいもの買っておいたほうがいいなと思い、購入に至りました。

 

しかしこの後、このマウスの新の力に仰天することに・・・

開封の儀

先程もお見せしたとおりパッケージはこのようになっています。

蓋を開けるとMX MASTER 2Sの姿が・・・・!!

最近のLogicoolはこの手のパッケージが好きですね。

付属品は

  • MX MASTER 2S本体
  • Bluetoothレシーバー
  • 充電ケーブル
スポンサーリンク

「グラファイト」カラーでクールな外観

外観がかっこいい。

カラーは「グラファイト」。つや消しのブラックのような色で、どんなデスク周りでも馴染みそうです。

 

正面には左右にボタン、スクロールホイールがついており、中心にはスピードシフトを手動で切り替えできるスイッチが付いています。

側面にも3つのボタン搭載。

音量調節・Webページの切り替えなど自由に割り当てられるホイール。

その後ろにはボタンが2箇所設けられています。こちらにも自由に操作を割り当てることが可能。

親指がグリップする部分なのですが、

ゆっぺ
これがめっちゃ握りやすい・・・

 

さすがハイエンドモデルだけあって、外観にもこだわりダイヤモンドカットのような上品な模様になっています。

本体上部には充電ポートが配置されている。

付属の充電ケーブルを接続すれば高速充電が可能

背面には電源と「Frow」の共有スイッチ。

接続方法はとても簡単

まずは背面の電源をオンにします。

その後下の数字が書いてある箇所のボタンを3秒長押しします。

するとパソコンのBluetooth接続画面にMX MASTER 2Sの文字が出現。

後は接続を押せば、あっという間にペアリング完了です。

もしパソコンにBluetooth環境がないよ〜って人は、付属のBluetoothレシーバーをUSBポートにさせばペアリンク完了です。

ドライバを使うことで各種ボタンに自由に役割配置可能!

no name
高価なマウスはこんなこともできるのか!!!たまげた!!!

 

このマウス。合計6つのボタンが搭載されているのですが、Logicoolより配布されているドライバをインストールすることによって、自由に役割を割り当てられるのです。

 

インストールの仕方がわからない人のために手順を載せておきます。

まずはLogicoolホームページに移動。

英語表記ではなく日本語表記の方をへ移動し、

「今すぐダウンロード」をクリック。

後は流れに沿って自身でインストールしてください。

無事インストールが完了すると、このような画面が出てきます。

「マウス」タブでは各種ボタンに役割配置の設定ができます。

「ポイント&スクロール」タブでは、スクロールの速度、感度など細かく設定できます。

そして「Frow」タブでは、このマウスの目玉機能。パソコン間のカーソル移動について設定することができます。

両者パソコンにこのドライバをダウンロードし設定することで、カーソルの行き来ができるようになります。

私の場合、パソコンを1台しか所有していないため「Frow」機能は使えません・・・。

ゆっぺ
宝の持ち腐れかよ・・・。

 

私が主に使っているのはボタンの割当。

ブログを書く上でコピー&ペーストを多用するので、側面のボタン各位置にコピー(Command+C)ペースト(Command+V)を割り当てました。

側面ホイールにはボリュームの調節を割り当て、ホイールを回転させるだけで簡単に音量の調節を行うことができます。

私みたいに、

「Windows対応のキーボードを使っているから、Apple独自のF10、F11でボリューム調節がキーボードに表記されていなくて使いにくい!!!」

なんて人も、このホイールに割り当てれば便利です。

 

設定の方法として、

まず割り当てたいボタンを選択します。

そうするとこのようにいくつかテンプレートが出てくるので、その中の「キーストロークの割当」を選択。

ボックスが出てくるので、ボックスをクリックし割り当てたいキーを押せばボックス内に表示させるのでそのままEnterで決定。

これで完了です。

 

いちいちキーボードや右クリックでコピーを呼び出さなくていいので凄く楽です。

他にもいろいろ割り当てられるので、自分専用のマウスにカスタマイズすればとても便利になりますね。

自動スピードシフトによりページ内を高速に移動できる!

スクロールホイールにスピードシフト機能搭載により、クリック・トゥ・クリックから高速スクロースへ自動で切り替わる様になっています。

ゆっぺ
クリック・トゥ・クリック・・・?高速スクロール・・・?

 

クリック・トゥ・クリックとは、ホイールを転がすたびにクリック感がある機能。

例えば、マインクラフトをしていて武器の切り替えをする時ホイールを回しますよね。

クリック・トゥ・クリックのないマウスだと、1回のスクロールでホイールがずっと回り続け、隣の武器に変更したいのに3つ奥の武器まで行っちゃったりします。

しかし、クリック・トゥ・クリックがあることにより、少しホールを転がすとカチッと音が小さくなり、細かくカーソル移動が行えるのです。

拡大縮小も細かく行いたい時ありますよね。そんなときもクリック感があるので細かく微調整ができます。

 

高速スクロールはその名のとおりです。

ホイールを思い切り回すことでフリースピンを行い、ハンドスピナーのようにホイールが回り続けます。

 

わかりやすいように動画でお見せします。

 

クリック・トゥ・クリック

 

高速スクロール

 

クリック・トゥ・クリックを高速で回すことにより、自動で高速スクロールになります。

これが便利な自動スピードシフト機能です。

握りやすさが心地よい

ずっっっっっとMagic Mouseを使っていたので、このような高さのあるマウスは久しぶりに使ったのですが、握りやすさバツグン。

このマウスの形状は、人の手によって成形されたオリジナルデザインなんだそうです。

どのボタンにもすぐにアクセスでき、自然な位置でマウスを握ることができるので、手首への負担もかなり小さいです。

これなら長時間PCゲームしても疲れなさそうですね。

3分の充電でまる1日使用可能!

高速充電機能搭載で、なんとたった3分の充電で丸1日使用できるそうです!

フル充電した場合、70日以上使用できるようです。

Magic Mouseと比べてみて

両者の外観はこのような感じ。

 

マウスの種類もメーカーも異なるのでそれぞれメリット・デメリットが生まれるのは仕方がないことです。

しかし、私は圧倒的に膨らみのあるマウス派ですね。

横から見ると大きさの違いがよくわかりますね。

Magic Mouseも凄く握りにくいというわけではないのですが、MX MASTER 2Sを握ってしまうともう戻れません。

Magic Mouseは見た目のシンプルさでおしゃれなことから、インテリアの一部として使うほうが向いているのかもしれません。

携帯性はある?ない?

これは残念ながらなさそうです。

MX MASTER 2S専用のケースも発売されていますが、ここまで大きいものとなると、私は完全に自宅用ですね。

中には気に入って持ち運びたい人もいるかもしれないので、その際はこちらのケースもセットで購入しておくといいと思います。

実際の使用感はどうなの?

もう、かなり使いやすいです。

まず握った感触がぺたーーーーんとしたMagic Mouseとは違い、遠慮なく手にフィットするので気持ちよく作業ができます。

クリック感もよく、カチッという音、押し心地、共に100点です。

マウス移動に関しても、握りやすいことから移動も細かく行うことができます。

 

スクロールに関しては、自動スピードシフト機能により必要に合わせてスクロールの速さを調節できます。

ブログ編集において一気にページ最下部まで移動したい時、思い切りホイールを回せば一瞬で下までスムーズに動くのでとても楽です。

 

ただ、手の小さな女性の方は少し大きくて握りにくい人も中にはいるかもしれません。

ここは個人差があるので、購入を考えている人はヨドバシカメラなどの店舗で実機に触れて見たほうがいいと思います。

まとめ

凄く高価なマウスなので、

「よし!買おう!」とはすぐにはなれないと思います。

しかし、買ってしまえば後悔はしないと思います。値段以上の機能や扱いやすさが備わっているので。

私の場合、このMX MASTER 2Sの目玉機能「Frow」をまだ使用できていないので、実際このマウスの60%ほどの力しか使用できていないと思います。

使いこなせる人が使えば間違いなく最強のマウスですね。

 

私のように「Frow」の機能を使わず、普通のマウスとして使用しても間違いなく生産性は上がります。

いい買い物をしました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事