みなさんMacBookにはカバーを付ける派でしょうか?付けない派でしょうか?
私は気分で付けたり外したり、ステッカーを貼ったりして使っています。
もちろん付けるのには目的があって付けていると思うのですが、どちらが結果的にメリットとなるのでしょうか。
筆者の考えを記事にまとめてみたのでご紹介します。
以下の文章はあくまで筆者の考えです。

スポンサーリンク

カバーを付けるメリット

まずはカバーの1番の役割、本体を守ることができるというメリットが挙げられます。
カバンの中にMacBookも一緒に入れたり、移動したりした時にふとしたとこでアクシデントが起こる可能性があります。
そんな時カバーを付けていると傷や欠けから守れますね。安心感も得ることができます。

特にMacBookはアルミニウムでできているので天板が簡単に凹んだりしてしまいます。
その他にも、カバーにはデザインが付いているので、本体のカラーに飽きてしまったなどという時はカバーを付けることにより気分転換ができますね。

カバーを付けるデメリット

単純に付ける場合の逆になるわけですが、1番はデザインを損なってしまうことではないでしょうか。
カバーを付けている人には申し訳無いのですが、カバーを付けることにより一気にチープ感が増してしまうとも思えます。

他にも、もちろんなのですが厚さも重さも増してしまいます。物によっては手にとって重くなったと感じられるほどの物もあります。

また、購入するのにも別途費用がかかってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

結局のところ五十歩百歩なのですが、筆者が思うにMacBookを購入した人はそのシンプルなデザインにひかれて購入に至ったのではないかと考えられます。
なので筆者はそのデザインを損なわないように裸で使うほうがいいのではないでしょうかと考えられます。
また、筆者の使っているMacBookは12インチのものですが、これは究極の薄さと軽さを実現したモデルなので、その特化した性能を活かすために結局カバーを取り裸で使うことに決めました。
もちろん裸のほうが良いよとは言いません。
自分に合った選択をし、MacBookを大切に扱ってください。

では、良いMac Lifeを!!

スポンサーリンク
おすすめの記事