みなさんこんにちは

今回は、新型MacBookを2週間使ってみての感想を記事にしたいと思います。

薄い!軽い!MacBook 12インチ (Early 2016) 開封の儀&簡単なファーストインプレッション
どうも。ゆっぺ(greenvip)です。 とうとうこの日がやって参りました。 MacBookを使い始めてはや2年・・・。新しい相棒との出会い・...

 

スポンサーリンク

新型MacBook使い始めて2週間経ちました。

早いもので、このMacBookを使い始めて約2週間が経過しました。

 

まず筆者の主な使い道としては、

・インターネット

・YouTube

・ブログ更新

・マイクラ

主にこんな感じになっています。

前回使っていたMacBookProの時と変わりません。

では、2週間使ってみて良いところ、悪いとこをを見てみましょう。

 

良かったところ

軽さ、小ささ

IMG_0590

まず一番実感できたのがここですね

前回はMacBookProを使っていたので、かさばりとても重かったです。

重さとしては、約1キロ軽くなりました。

しかしこの新型MacBookProに変えたところ、どこにでも持ち運べ、膝の上でも作業できるようになりました。

また、移動も簡単にできデスクスペースも広くなりました。

とても喜ばしいポイントです。

ファンレス設計

2つ目は今回のMacBookより新導入されたファンレス設計です。

名前の通り、ファンが付いてないので膝の上で作業していても熱くないし、あのブオォォォンという騒音もありません。

とても静かです。

 

「ファンレスなら熱が逃がせないのでは?」

と、思う方もいると思いますが、新型MacBookはCore Mプロセッサを搭載しており、もともと発熱の少ないパソコンとなっています。

なので、発熱はほとんど気にする必要もありません。

Retinaディスプレイ

3つ目はRetinaディスプレイです。

これは他のMacBookでも採用されていますが、この12インチの小さい画面でも解像度が変更できるのがポイントです。

解像度を変更することにより、より多くの情報が画面上に映し出せます。

筆者は「2048×1280」に設定していますが、この設定がベストだと思います。

大きくも小さくもなく一番見やすいです。

他のブロガーさんもこの設定にしてる方が多いようです。

もともと非Retinaディスプレイを使用していたので、筆者としてはRetinaディスプレイになっただけで満足ですが。笑

 

スポンサーリンク

悪かったところ

キーボード

IMG_0574

1番筆者にとって辛いと感じたのは、キーボードです。

 

こちら新しくバタフライ構造のキーボードで、キーがとても浅いのが特長です。

使い始めてここだけは使いにくいと感じたが、他のブロガーさんを見ると「1週間も使えばなれます」などと書いていた方が多かったので、筆者も1週間使えばなれると思っていたら2週間使った今でもなれません。笑

また、タイプミスも多いです。

これはただ筆者がタイピング下手なだけかもしれませんが、個人差は大きいと思います。

 

また、次にでる予定のMacBookでもこのバタフライ構造のキーボードが採用されるようなので、参考していただければ。

拡張性

IMG_0575

これも新しく採用されたUSB Type-Cモデルの端子です。

これは購入前から分かっていたことなのですが、やはりUSB Cの1つしかないと筆者とても辛いです。笑

結局拡張アダプターを買ったのですが、このMacBookを買ったならほぼ確実に別途で拡張アダプターを買わなければなりませんね・・・

これは筆者の失敗です。

 

結局新型MacBookはどうなのか?

ここまで良かったところ、悪かったところ見えてきましたが、

結果としては買って良かったです!

やはり前回使っていたMacBookPro(2012)非Retinaモデルと比べると、大きさも特長も全然違いますが、筆者として携帯性のあるMacBookで良かったんだなと感じます。

(実際今スタバで記事を書いていますし。笑)

前回のMacBookじゃこんなことしてませんでした。

新型MacBook、筆者のような使用目的であればとても満足できるモデルだと思います。

 

今回の記事が、これから新型MacBookを買おうと悩んでる人に参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事