どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

デスク模様替えに伴い、私のイメージカラーに合う緑色の新しいスピーカーを探していたところ、どんぴしゃなスピーカーに巡り会えた。

 

それが

MACKIE:CR3スピーカー

特に機能性など気にすることなく、デザイン重視で選んだのだが、実際に使ってみたところ機能性も抜群で本当に満足できるモノだった。

 

公式サイトでは「仕事においても遊びにおいても真のプロフェッショナル級のサウンドを提供するプレミアムマルチメディアモニタースピーカー」と述べている。

 

そんな期待感MAXのプロ級のスピーカーを、みなさんにお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

MACKIE:CR3スピーカー 概要

Amazonで購入し、価格は約12,000円ほど。

ゆっぺ
これだ!!!!!!!

 

と一目惚れし、速攻でポチりました。

 

カラーはブラックのみ。

基本的にブラックの多いスピーカーの中で、このようにモンスターエナジーのようなカラーをしたスピーカーは数少ない。

MACKIEブランドはRAZERのようにベースカラーがグリーンなので、緑好きにはたまらないブランドだ。

 

それでは中身を見ていきましょう。

パッケージからしてそそられる強烈な緑デザイン。

どことなく中二病心をくすぐられる・・・。

そしてなぜが外箱が凹んでいるという不測の事態。

まあ中身に損傷がないのであれば問題ないので見逃そう。

付属品は

  • CR3本体
  • ステレオミニ⇔ステレオRCAケーブル
  • ステレオミニ⇔ステレオミニケーブル
  • L/Rスピーカー接続用スピーカーケーブル
  • アコースティックアイソレーションパッド
  • 取扱説明書

シンプルな外観

ブラックメインにところどころグリーンのワンポイント。

ゆっぺ
う〜〜〜〜〜ん
たまりませんね!!!

 

本体サイズは、約横14cm縦21cm奥行き19cmとなっています。

Amazonには本体サイズが明記されていないので、参考にしてください。

こちらはパワードスピーカーのリアパネル。

ここで基本的なスピーカーの設定ができます。

  1. 配線ターミナル→もう片方のスピーカーに接続するためのスプリングクリップです。赤黒ケーブルで接続できます。
  2. ポジションセレクトスイッチ→電源コードが付いているメインスピーカーを右側、左側に配置するかを選択できます。そうすることにより、左利きでもしやすい方の手でボリュームを調節できます。
  3. 主電源→主電源のオンオフ操作ができます。基本的にはオンの状態で、フロントパネルのボリューム調節スイッチでオンオフ操作ができます。
  4. 配線ターミナル→もう片方のスピーカーに接続するためのスプリングクリップです。赤黒ケーブルで接続できます。

 

フロントパネルにはボリューム調節スイッチが付いており、ここでボリュームを調節できます。

時計回りに回転させることで電源がオンになるとともに、ボリュームの調節ができます。

グリーンライトが点灯しているときが電源オンの状態で、ライトが消灯している時はオフの状態です。

フロントパネル右下にはAUXインプットとヘッドフォンアウトを搭載。

AUXインプットには、MP3プレイヤーやスマートフォンをステレオミニプラグを使用して接続することができ、手軽に音楽をスピーカーから流すことができます。

パッシブスピーカー(主電源のない方)には、パワードスピーカー(主電源のある方)と接続するための配線ターミナルが装備されています。

スポンサーリンク

音質・使用感は?最高!!!!

MacBookをはさみ配置してみました。

 

まず、

何よりもデザイン性が最高!!!!

 

ブラックベースのスピーカーはブラック単色であることが多いのですが、MACKIE CR3に関してはグリーンのワンポイントがあることから印象がガラリと変わります。

ゆっぺ
自然ベースの私のデスク上によく馴染みます!

 

音質に関しては、高音域ははっきりと、低音域は少し控えめな感じで上品に奏でてくれます。

長時間聞いていても耳が疲れにくいです。

 

しかし、低音の強く効く曲だと控えめなCR3でも結構デスクに響きます。

そんな時は付属品のアコースティックアイソレーションパッドを下に敷きましょう。

そうすることで低音を抑える事ができます。

 

もし低音をもっと楽しみたい方はインシュレーターを購入することをおすすめします。

インシュレーターを導入することでより音質が向上し、デスクに響く重低音を抑えることができます。

 

音量も部屋中に響き渡るくらいは余裕で出すことができ、音量調節スイッチで細かく調節できるので適した音量に設定できます。

別途購入品

Amazonレビューで、「付属のRCAケーブルは接触が悪いので別途購入したほうがいい」とのレビューが多かったので、別途RCAケーブルを購入しました。

付属のRCAケーブルを1度も使用していないので、本当に接触が悪いのかは定かではありませんが、別途購入したほうが確実なのは確かですね。

まとめ

緑好きにはたまらんスピーカーでした!!!

 

この価格でこの品質のスピーカーはかなりお得です。

 

こちらのCR3は接続方式が有線タイプなのですが、Bluetooth接続できるCRシリーズも登場しているので、気軽に接続して使いたい人はそちらもチェックしてみると良いと思います!!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事