どうも。ゆっぺです。

車を運転する際、スマートフォンはどこに置いているだろうか?

ドリンクホルダー、サイドポケット、膝の上・・・様々だと思うが、スマートフォンの場合すぐに取り出せて、さらに言えば通知の確認もすぐできるように画面を見られる状態にするのがベスト。

スマートフォンでナビを使う人であれば、なおさら画面が見られるようにスマートフォンを配置したい。

そんなときに役に立つのが「車載スマホホルダー」

いろーーーーーんな車載スマホホルダーがある中で、筆者が厳選して購入したのがBaseus社の車載スマホホルダー。

コレがめちゃめちゃ便利で買ってよかったと思ったので、みんなにも紹介しようと思う。

スポンサーリンク

Baseus社 マグネット式車載スマホホルダー

Amazon価格で¥1,290でした。多種ある車載スマホホルダーの中ではスタンダードな値段設定。

色はゴールド選択した。Appleのゴールドに近い落ち着いた色なので、比較的合わせやすい。

カラーバリエーションはゴールドシルバーブラックレッドローズゴールドの5色。

多くのカラーバリエーションがあるのもBaseus社製品のいいところ。

付属品は、

  • 車載ホルダー本体
  • メタルプレート
  • レザーメタルプレート
  • 保護シール×2
  • 3M社製予備シール

ガチガチの作りで安心のボディー

上部のマグネットヘッドにシルバーの球体が埋め込まれており、360°自在に向きを変えられるようになっている。

しっかりした作りで重みがあり、安っぽさを感じさせない。

裏面は安心の3M社製両面シール。強粘着力なので強い衝撃でも全く外れる気配がない。

予備シールが付属しているので、位置を変えるなどして粘着力が落ちても安心。

スポンサーリンク

用途に合わせられる2種のメタルプレート

なんとこの車載スマホホルダー、メタルプレートが2種用意されているのだ。

1つ目はこちら。薄型のメタルプレートだ。

こちらの用途としては、スマートフォンのケースの内側に張ったり、厚みを出したくない人向けのプレートだ。

2つ目がこちら。レザーメタルプレートだ。

正直普通の薄型のメタルプレートしか付属しないと思っていたのでこちらを見たときは驚いた。

こちらの用途は裸状態のスマートフォンに貼ったり、ケースの外側に張ったり、外から見える範囲に貼る際おしゃれに見せたい人向けだ。

質感が柔らかいので、触れても全く気にならない。

実際に貼ってみよう

貼り方の手順

筆者はこのようにAndMeshのケースをしているため、内側に貼る薄型のメタルプレートを選択した。

貼る順番としては、先に保護シールを貼り、その上にメタルプレートを貼る流れ。

保護シールを貼らないと本体に傷が着いたり、剥がすときに困難になる。

iPhoneのカメラの突起よりも薄く、貼っていることが感じられない。

ケースを付けると、若干もっこりしているのだが許容範囲内だ。

車内の貼る位置は、安定した場所にしよう。凸凹しているとしっかり張り付かず、車の振動で落ちてしまう場合がある。

貼る前には必ずきれいに拭いて、ホコリがない状態にしよう。

貼ってみるとこんな感じ。バックが黒なのでゴールドが映える。

筆者のように張り付きが良いガラス面や平らなプラスチック面の上に貼るのがおすすめ。

問題なくiPhoneもくっついた。

ここで問題発生。衝撃に弱い。

ここで問題が発生した。「磁力が弱い・・・」

これは筆者のケースに問題があった。少し厚みがあるせいで、磁力が弱くなってしまった。

試しに砂利道を走ってみたところ、少しづつiPhoneが斜めに・・・。

対策としてレザータイプのものを直張りするようにした。

少しダサい気もするが、馴染んでいるのでオーケーとしよう。

メタルプレートと車載ホルダーが直接張り付くとすごく磁力が強いので、直張りも悪くないかも。

おすすめの貼り方

筆者のようにケースが厚めの人は、ケースに直張りをおすすめする。

もし薄めのケースを付けているのであれば、筆者が当初やった貼り付け方法で問題ない。それでも磁力が弱いのならば、ケースに直張り。

レザータイプのものも悪くないので、あえて外側に貼り付けるのも良いと思う。

車載スマホホルダーに対応したリングも発売しているので、「ケースの内側じゃ弱いな〜」って思う人はリングに逃げるのもあり。

マグネットタイプ車載ホルダーはこんな人に向いている!

・ドライブ時、停止しているときによくスマホを触る人

挟むタイプの車載ホルダーだと取る際も戻す際もひと手間必要だが、マグネットタイプだと「すぐ取ってすぐ戻す」ということが可能なので、赤信号などの停止中、よくスマホを触る人であればマグネットタイプがおすすめ!

・スマートフォンでナビを使う人

スマートフォンでナビを使う際、「少し先の道が見たい」「目的地を急に変えたい」などと言うときに、すぐにスマートフォンを取り出し、操作することができる。

まとめ

質が良く、付属品も豊富な優秀な車載ホルダー。

車内ですぐにスマートフォンが操作できるのはとても便利だと感じた。

ここまで付属品が豊富で安価なものはないと思うので、車載ホルダーのマグネットタイプを探している人は是非こちらをおすすめする。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事