どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

みなさんは見たことあるだろうか。

 

山道沿いにある「本・DVD」と書いてある怪しい小屋を。

 

私は小さい頃からこの怪しい小屋の中がどうしても気になっていた。

見るからにボロいし人がいる気配もない。

無人野菜直売所のような感じ。

 

今回、もう大人になったということで思い切って潜入してみた。

全てを記事にまとめたので御覧ください。

注意

18歳未満のお子さんはそっとページの戻るボタンを押し、ふかふかのお布団でもう寝ましょう。
スポンサーリンク

無人アダ○トショップに潜入

見た目は完全にボロい小屋

木の骨組みにポリカ波板をくっつけただけの簡易倉庫。

周りはビニールハウスや畑があり、完全に田舎。

しかし、車の通りはそこそこ多く、そんなに山奥ってほどでもありません。

まあ、車が通らなきゃ商売も成り立ちませんからね。

というわけで、

ゆっぺ
早速潜入してみよーーーー!!!!

屋内は数年誰も立ち入ってないような雰囲気

屋内はどこを見てもサビまみれ。

床にいたってはジャンプしたらそこが抜けそうなくらいもろそうです・・・。

しかもギシギシ音がします・・・。

天井にはいたるところに蜘蛛の巣。

かがんであるかないと蜘蛛の巣に引っかかるくらい蜘蛛に占領されています。

壁にはDVDだけ抜かれた空パッケージ箱。

ここは完全にモザイクです。

床にはおもちゃのような物が入っていたと思われる空箱。

なぜ空箱だけみんな置いていくんでしょうね。

 

ちなみにこれが何なのかは純粋な僕にはわかりませーーーーーん

アダ○ト自販機の中身は何?

自販機タイプの販売方法で、合計3台並んでいました。

中身は本・DVD・おもちゃなどなど・・・

 

1番安いもので500円〜で、高いものだと・・・

なんと5,000円もします!!!!(見にくくてすいません)

実際に購入しようとした結果・・・

まずは1番安いものから購入しようと500円を入れてみました。が・・・

どうやら電気がもう通っていないようで、そのままおつり口にチャリンと落ちてきました。

 

ゆっぺ
ん???

ゆっぺ
500円がない???

 

チャリンと落ちてきた音は確かにしたのですが・・・

 

よーーーーーく見てみると・・・・・

 

 

底がない!!!!!!!

 

ゆっぺ
うおおおおおおお!!!!
ぼったくられたああああ!!!!

 

500円は自販機の底へと吸い込まれましたとさ。

 

1,000円札も入れてみたのですが、もちろん電気が通っていないので入るはずもなく・・・。

 

結果:買えませんでした。

まとめ

無人アダ○トショップ、あの和やかな雰囲気はなく、心霊スポットに入った気分でした。笑

 

ココは立地的にあまり儲からないと思うので、県境の山道にある小屋であれば電気が通っているかもしれません。

 

いずれにしろ中の商品は古いし、本当にアダ○ト物が欲しいのであれば町中の方に行ったほうが良さそうですね。

 

以上、「無人アダ○トショップに潜入してみた」でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事