【比較レビュー】Apple Watch クリアケース『全面保護』と『縁のみ保護』を比較!!どっちがおすすめ?

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

Apple Watchのクリアケースって『全面保護』タイプと『縁のみ保護』タイプ、どっちがおすすめなの?

『全面保護』タイプと『縁のみ保護』タイプって何が違うの?

 

Apple Watchのクリアケースは、大きく分けて

  • 液晶も保護する『全面保護』タイプ
  • 縁のみを保護する『縁のみ保護』タイプ

の2種に分かれます。

ゆっぺ
どっちを使えばいいのだ・・・

今回はこの2つをレビューし、それぞれの違い、適したユーザーの紹介をしていきたいと思います。

この記事を読んでわかること

  • 『全面保護』と『縁のみ保護』の違い
  • それぞれに適したユーザー
ゆっぺ
自分に適したクリアケースを選んでね!

Apple Watch Series 6 / SE におすすめな周辺機器・アクセサリーはこちら

【厳選】Apple Watch Series 6 / SE におすすめな周辺機器・アクセサリー5選!!

クリアケース比較|クリアケース2種のレビュー

比較に使うクリアケース2種をそれぞれレビューしていきます。

両者ともに約1000円で購入でき、Amazonでも評価の高いおすすめのクリアケースです。

ゆっぺ
両者とも安価なのに質が高くてびっくり!!

それでは『全面保護』『縁のみ保護』の2つに分けて紹介します。

全面保護タイプ クリアケース

まずは『全面保護』タイプからレビューします。

 

使用するのはSmilelane クリアケース

Apple Watch Series 6 / SE に対応しています。

クリアケースが2つ付属し、片方を予備として保存しておけるのが嬉しいですね!

クリーニングキットも付属しているので、装着する際、特に準備物はありません。

こちらがクリアケース本体。

全面保護なので、液晶面もカバーされています。

背面が開いており、ここからApple Watchを挿入します。

全身柔軟性のある『TPU素材』でできており、衝撃に非常に強いです。

ゆっぺ
液晶面もバッチリガードできそう!

装着方法は簡単で、背面からぐいっとApple Watchをねじ込むだけ!

こちらが全面保護クリアケースを装着したApple Watchです。

サイズはピッタリで、使用する際にパカパカ動くなんてことはありません。

見た目は全体的にふっくらし、神秘のベールをまとっているかのようですね。

デジタルクラウン、バンド挿入口がくり抜かれており、扱いやすいです。

液晶はクリアケースを被っている分多少曇った感じにはなりますが、動画を見るわけでも無いので特に問題はありません。

全面保護ケースを使う上で1番心配だった『タッチ操作』についてですが、全く問題なく操作することができました!

ゆっぺ
指紋気にすることなくガンガンタッチできる!!

バンド装着も問題なくできます。

実際に腕に付けてみました。

クリアケースを付けている感はバリバリありますが、背面・デジタルクラウン以外全カバーしているので耐衝撃性能は非常に高いです。

特に付けにくかったり、窮屈感きゅうくつかんは全く感じられません。

重さもなく、付けていても付けていなくても気づかない程度です。

全面保護の安心感で、支払いの時ICリーダーにタッチするときや、テーブルに置く時もガツガツ使用できますね!

縁のみ保護タイプ クリアケース

続いて『縁のみ保護』タイプのレビューをします。

 

使用するのはDalinch クリアケース

Apple Watch Series 6 / SE に対応しています。

こちらもクリアケースが2つ付属し、予備として保存しておくことができます。

他にもクロスやホコリ取りを含んだクリーニングキットが付属しており、非常に親切ですね。

こちらがクリアケース本体。

全面保護のクリアケースに比べ、透明度が高いです。

縁のみ保護ということで、液晶面、背面は空洞になっています。

同じく柔軟性のある『TPU素材』でできており、縁に対する衝撃を吸収します。

縁のみ保護タイプは装着するのに少しコツがいり、Apple Watchを半分だけ挿入したらクリアケースの4隅を引っ張りながら入れなければなりません。

TPU素材なので多少の伸縮性はありますが、少し力が必要です。

こちらが縁のみ保護のクリアケースを装着したApple Watchです。

縁のみ保護なので液晶面はそのまま、ダボッとした感じがないので非常にスタイリッシュです。

全面保護タイプと同じく、デジタルクラウンとバンド挿入口がくり抜かれています。

液晶面は保護されていないので、綺麗な液晶がそのまま楽しめます。

保護フィルムも同時着用できるので、「縁のみ保護タイプを付けたいけど液晶も守りたい・・・」なんて人は保護フィルムも貼っちゃいましょう。

おすすめのApple Watch保護フィルムはこちら

『Apple Watchにガラスフィルムはおすすめしない!』 最適な保護フィルムは?

バンドもピッタリ装着できます。

腕に付けてみました。

カバーしているのは縁のみ、液晶はそのままなのでスッキリした印象です。

重さも感じられず、装着感も特に変わりなしです。

縁が液晶面より高く設計されているので、液晶面を下に置いても直接地面と接触することはありません。

ただ、液晶面とクリアケースの間の溝にホコリが溜まりやすいので、定期的に掃除をすることをおすすめします。

クリアケース比較|どっちがおすすめ?

両者とも一長一短で『こっちがおすすめ!!!』とは断言できないので、それぞれ適したユーザーを紹介します。

『全面保護』をおすすめする人

  • ガンガンぶつける人
  • 汚れた手でそのまま使う人
  • とにかくApple Watchを守りたい人

全面保護をおすすめする人は、ずばりガンガン使ってよくぶつける人です。

液晶も守られることから、耐衝撃性能は非常に高くなっております。

また、職業柄的にどうしても汚れた手で触ってしまう人にもおすすめで、直接液晶に触れないことから本体が汚れることを防ぎ、なおかつ安価で買い替えができるので安心して使えます。

ゆっぺ
『クリアケース感』さえ気にしなければ、保護目的にはこっちのほうがおすすめ!!

『縁のみ保護』をおすすめする人

  • 保護したいけど見た目を気にする
  • スタイリッシュに守りたい
  • 綺麗な液晶を楽しみたい

縁のみ保護をおすすめする人は、ずばり保護したいけど見た目も気にする人です。

1番傷つきぶつけやすい縁部分が守られているので、保護目的でも十分に活用できます。

全面保護に比べ液晶が開いているので、ケースを付けている感がなく、Apple Watchそのもののスマートさを楽しむことができます。

ゆっぺ
見た目を最重視するのであれば、こっちのほうがおすすめ!!

クリアケース比較|まとめ

以上、Apple Watch用のクリアケース2種のレビューと、それぞれに適したユーザーの紹介でした。

自分に適したクリアケースは見つかりましたか?

いずれも傷つきやすいApple Watchを保護することができるので、2種を吟味しながら自分に適したものを選んでみてくださいね!

【Apple Watch Series 4 デビュー】Apple Watchは必要ないとずっと思ってきた私が購入に至った訳【レビュー】Apple Watchレザーループバンドはおしゃれでフィット感抜群な至高のバンド【フォレストグリーン】『Apple Watchにガラスフィルムはおすすめしない!』 最適な保護フィルムは?【mophie Apple Watchスタンド レビュー】デスク上にスマートに配置できる縦置きタイプ!充電ドックも取り付け可能だぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)