『Apple Watchにガラスフィルムはおすすめしない!』 最適な保護フィルムは?

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

Apple Watchに保護フィルムは貼っていますか?

iPhoneには保護フィルムを貼っている人が多く見られ、その中でも人気なのがガラスフィルムですね。

 

ゆっぺ
じゃあApple Watchにもガラスフィルム貼ろうか!

 

そのノリで私も買ったばかりのApple Watch Series 4にガラスフィルムを貼ってしまいました。

しかしApple Watchにガラスフィルムは大失敗だったのです。

 

新しくTPU素材の保護フィルムを購入し、今はそちらで落ち着いています。

 

この記事では、

  • ガラスフィルムを選ばないほうがいい理由
  • TPU素材の保護フィルムをおすすめする理由

を話していこうと思います。

Apple Watchにはガラスフィルムを選ばないほうがいい!!!

ガラスフィルムは頑丈で、透明度も高く、付けている感じがしない。

とても人気があり、私もiPhone Xにはガラスフィルムを貼っています。

 

しかしiPhoneのノリでApple Watchにもガラスフィルムを選んでしまった私は大失敗

 

なぜApple Watchにはガラスフィルムを選んではいけないのか。

選んではいけない理由① 粗悪品な物が多い

Apple Watchを購入した時、速攻でガラスフィルムを注文しました。

日本製の物は未だ販売されていなかったのですが、外国製のものでも優秀なものは中にはあるので、しかたなく外国製のものを購入。

パッケージがiPhone・・・。

 

ゆっぺ
なんかこの時点で怪しいぞ・・・

中にはガラスフィルムと貼り付けキットが同梱されていた。

 

ゆっぺ
とりあえずiPhone用じゃなくて良かった・・・

ガラスフィルム本体も画像通りでとりあえずは大丈夫そう。

さっそく貼り付けようと思ったのだが、粘着面のシートが適当・・・

ほぼ粘着面に張り付いていなかったのだ。

Apple Watchに合わせて貼り付ける。

ガラスフィルムの縁が湾曲しているので貼りやすさはGood。

とりあえず貼り終わったのだが・・・

 

ゆっぺ
縁だけ粘着して液晶面は浮いてるぞ!?

 

そう。縁だけ粘着して液晶とガラスフィルムは直接くっつかない仕様だったのです。

そのため液晶をタッチするとガラスフィルムが沈み、パコパコしたタッチになる。

 

縁だけ粘着されていることにより、パスコードを入力する際左上の1をタッチしているのに、縁の圧力により右下の9が反応するというわけのわからない不具合も起きている。

私的に1番ここがストレスポイントでした。

横から見るとガラスフィルム分液晶が浮いている。

Apple Watchは身体の一部となり身動きが多くなるため、ガラスフィルムの縁が衣類によく引っかかっていた。

ゆっぺ
そしてめっちゃもろい!!!

 

あまりにも粗悪品だったためすぐに剥がしたのだがこのザマ。

剥がすだけで割れてしまうといういい加減っぷり。

 

MEMO
※ちなみに他のメーカーだと大丈夫だろうと思い、他のメーカーでもう一つ追加購入していたのだが全く同じ結果でした。

選んではいけない理由② Apple Watch本体に強化ガラスを使用しているため、上にガラスフィルムを重ねても保護性能は全くなし

Apple Watchのステンレススチールモデルには、サファイアガラスというダイヤモンドの次に硬いと言われているガラスを使用しています。

ちょっとやそっとの衝撃じゃ傷一つつきません。

 

なので、その上にやっすいガラスフィルムを敷いたところで保護性能は全くなし。

気休め程度です。

むしろガラスフィルムのみがどんどん割れていき、ただ消耗していく一方です。

 

なので、はなっからガラスフィルムなんて貼らないほうがマシなのです。

 

Apple Watchには『ガラスフィルム』を選んではいけない|まとめ
  • 直接液晶にくっつかない
  • ガラスフィルムの厚み分浮き出て服に引っかかる
  • 少しの力で割れる
  • そもそもApple Watchの高品質な液晶により必要なかった

Apple WatchにはTPU素材の保護フィルムを貼るべし

ガラスフィルムは保護性能全くなしの気休め程度。

となると、Apple Watchには何も貼らないほうがいいのか?

そう思う人もいれば、なるべく傷は付けたくないので保護フィルムは貼っておきたいと思う人もいるはず。

 

私は後者で、液晶は全てにおいてフィルム1枚は貼っておきたいタイプの人間です。

 

ガラスフィルムは粗悪品が多かったが、普通の保護フィルムであれば大丈夫なのではないのかと思い、TPU素材の保護フィルムを購入した。

TPU保護フィルム|概要

このTPU保護フィルムのおすすめポイントとして、

時間をおけば気泡が勝手に抜けていくこと。

 

ガラスフィルムはそもそも気泡を押せば手動で抜くことができるが、柔らかいシートタイプの保護フィルムは気泡がなかなか抜けなく天敵・・・。

 

しかし、このTPU素材の保護フィルムは自然と気泡が抜けるとのことなので、貼るのが苦手な人でも安心して使えます。

しかも3枚入っているので気楽に貼れます!!!

セット内容は

  • TPU保護フィルム ×3
  • 貼り付けキット

貼り付け手順

STEP.1
まずは液晶をクリーナーで拭き取る。


STEP.2
保護シートに番号が記載されているので、1番のシートを剥がす。


STEP.3
気泡が入らないように丁寧に貼る。

ポイント
  • 気泡はなるべく入らないように貼る → 気泡が抜けるのに時間がかかります
  • 縁は少しはみ出る程度に貼る → 自然と馴染んでくるので大丈夫です
STEP.4
完全に貼り付けたらゆっくり2番のシートを剥がします。


STEP.5
貼り付け完了!
ゆっぺ
気泡めっちゃ入った・・・

 

しかし時間をおけば自然と気泡が抜けていくそうなので気長に待ちます。

気泡がなくなるまでの日数

1日目
気泡が小さくなる

まる1日放置した結果、

気泡が若干小さくなりました。

 

いろんな形をしていた気泡も丸状になりました。

2日目
気泡が減る

細かい気泡は2日目で完全に消滅しました。

残すは大きい気泡のみ。

3日目
もう一息

大きい気泡も徐々に小さくなり、あともう一息。

4日目
気泡が完全に抜ける

気泡の跡やホコリはまだ残っているのだが、これは消えそうにないので諦めます。

TPU保護フィルムの使い心地

タッチの感覚はやはり保護フィルムを貼っている感覚がありますが、ガラスフィルムのように誤タッチはもちろんなく、通常通り快適に操作する事ができています。

 

ゆっぺ
ガラスフィルムと比べると差は歴然!!

 

触り心地はTPU素材そのもの。

若干の滑りにくさはあるものの、そこまで操作に影響はしません。

 

耐久性なのだが、ガラスフィルムより断然あります。

柔軟性があるため衝撃を吸収してくれるのです。

 

その他のシートタイプより、傷や衝撃から守りたい人はTPU素材のものを選ぶことをおすすめします。

Apple WatchにはガラスフィルムよりTPU保護フィルムをオススメする|まとめ

ガラスフィルム<<<<<<<<<<TPU保護フィルム

 

Apple Watch用のガラスフィルムの購入は本当におすすめしません。

どこのストアで購入しても粗悪品なものがほとんどです。

 

高品質なガラスフィルムが発売されれば評価はまた変わってくると思いますが、現時点ではシートタイプの保護フィルムの購入をおすすめします。

あわせて読みたい!

人生初のApple Watch『Series 4』を購入。いらない思っていたのに購入したワケ。【レビュー】『Apple Watch Series 4』を1ヶ月使ってみて。実際の評価は?【レビュー】Apple Watchレザーループバンド『フォレストグリーン』を購入!!大人の雰囲気でかっこいいぞ!

2 COMMENTS

うん

選んではいけない理由② Apple Watch自体、強化ガラスを使用しているためガラスフィルムは意味ない


これが非論理的で意味不明

返信する
ゆっぺ

うんさん
コメントありがとうございます。

こちらの表記について、Apple Watch本体の液晶面は『サファイアガラス』という強度なガラスを使用しているため、安物のガラスフィルムを上に重ねたところで意味がないということです。
傷や汚れから守るという意味で保護フィルムを活用するのならば、TPU保護フィルムのほうがおすすめですよということを記事で述べています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)