ブロガーの方や、普段からパソコン類を持ち歩いている方はどのようなリュックを使っているのだろう?

筆者は特にこだわりがなかったので普通のリュックを背負って仕事に行ったりお出かけしたりしていた。

もちろんリュックの中にMacBookやiPad Proを忍ばせて。

しかしある時思った。

「他の書類やらなんやらと一緒にMacBookを入れるとかさばるし効率よく必要な物が取り出せないな〜」

「パソコン用のポケットとかあると便利なんだけどな〜」

そこでネットでいろいろ検索し、あるリュックと遭遇し、一目惚れしたので購入した。

あまりに使いやすくお洒落なリュックだったので紹介しよう。

スポンサーリンク

Cote&Ciel Evernoteコラボ リュック

Cote&CielIsar Rucksackというリュックだ。

見た目からしてあまりにお洒落な形をしている。

サイズはLサイズ。

カラーはEvernoteカラー。実はこれ限定デザインなのだ。

過去にEvernoteオンラインストアで販売されていたが、現在は生産停止となっているプレミアもの。

これに一目惚れし、速攻でポチってしまったわけだ。

筆者の購入したのはEvernoteコラボモデルだが、一般のカラーでももちろん販売されている。

サイズは、M、Lの2サイズ

カラーは、ブラック、ブラック メランジ、グレー メランジの3種類用意されている。

価格は定価38,880円

Amazonではこの価格から10,000弱低い値段で販売されている。

ショップで値段がまちまちなので、いろいろサイトを回ってみると良い。

では外見を見ていこう。

お洒落な外見

正面から見た感じは先ほどと同じ。

あまり見ない形のリュックで、個性あふれる正面だ。

左側面に開封口、バンドが付いている。

リュック内が物で膨らんでも、このバンドを締めればスタイリッシュに見える作りになっている。

とにかくワンポイントのグリーンがカッコいい。

バンドの調整金具には「Evernote」の文字。

バンドはかなり分厚く頑丈な作りで頼りになる。

右側面はこんな感じ。

背面には左右非対称のバンドの色。

片方がCote&Cielのブラックバンドで、片方がEvernoteのグリーンバンドとなっている。

ショルダー部分は荷物が重くなっても肩に負担がかからないように、厚めのクッションを搭載している。

そしてこのリュック1番の見せ所。

背面にも収納が付いていて、パソコンやタブレットなどのデジタル機器を収納できるようになっている。

詳しい機能性について見ていこう。

スポンサーリンク

気になる機能性は?

まずはメインポケットから見ていこう。

一見サイズの割にはあまり入らなそうだが、実はこのリュック膨らみがすごく、バンドを伸ばせばかなりの物が収納できる。

書類の大きさだとA4サイズはすっぽり入る。

筆者の使い方だとこの面には保育書類やノートなど入れて持ち歩いている。

斜めにチャックが開いているため、書類や必要な物へのアクセスがしやすい。

出し入れしにくそうに見えるが実は非常に使い勝手が良いのだ。

さらには上部にもサイドポケットがついており、ポケットティッシュや目薬、鍵など細かいものを収納できるようになっている。

そしてお待ちかねの背面ポケット。

機能性で他のリュックと違うのはまさにここだ。

パソコン、タブレット、ケーブルなどの周辺機器。様々なものが収納できるようになっている。

筆者はこのように、前面にMacBook、浅いポケットにはACアダプターを入れ、中心にはiPad Proを入れて持ち歩いている。

見る限りポケットの数が充実しているので、使用者によって様々な使い方ができるのも良い。

デジタル機器を持ち歩くと心配になるのが衝撃面なのだが、このリュックはその面もカバーしている。

背面のクッションがめちゃめちゃ分厚いのだ。

それに加え、筆者がMacBookを収納していたポケットも厚めのクッションにて守られている。

これで心配なくパソコンなど持ち歩ける。

背負い心地は負担がかからなく楽ちん

リュックとなれば背負い心地は重要だ。

背負ってみた感想としては、ショルダーのクッション性が良く、あまりに重いものを入れない限り肩にそこまでの負担はかからなそうだ。

しかし、身長168cmの細めの筆者からしたら、やはりLサイズは少し大きかった。

普段ちょっとした外出だと、周りから「登山にでも行くのか」と思われそう。

だがその分多くのものを収納できるので良しとしよう。

筆者より小柄の人や、もう少しコンパクトなリュックが欲しい人であればMサイズをおすすめする。

横から見るとこんな感じ。

やはりデザイン性はとても良く、スタイリッシュに見える。

あまり荷物を入れず薄っぺらいままだと余計にスタイリッシュに見える。

このリュックをおすすめしたい人

とにかく多くのものを持ち歩きたい

ポケットの数が多く、メインポケットもバンドを伸ばせば膨らみが出るので、様々なものを同時に収納できます。

ブロガー、パソコン類を常に持ち歩く人

1番のおすすめはこの方ですね。

なんといってもパソコンへのアクセスがしやすいのがこのリュックの魅力なので。

周辺機器も数多く入れられるのでおすすめします。

お洒落で個性的なリュックがほしい

デザインが他のリュックと比べて奇抜なのもこのリュックの魅力。

カラーもスタイリッシュでかっこいいものが用意されているので、1度チェックしてみてください。

プチ旅行に使いたい

1泊分であれば全然余裕で入ると思います。

リュック内にはストッパーもついているので、衣類の整理や小分けにも使用できそうです。

まとめ

かなり久しぶりにリュックを買ったのだが、MacBookやらiPadやらを常に持ち歩く筆者からしたら非常に便利なリュックだった。

1つ不満点をあげるとすれば、背面のクッション性はいいがその反面夏場はかなり背中が蒸れそうだ。

それ以外についてはとても満足だった。

値段的にそこそこするが、値段以上の作りとデザインだったので良かった。

これから仕事にもプライベートにも、相棒として連れて行きたい。

スポンサーリンク
おすすめの記事