【Galaxy Z Fold 4 2週間レビュー】iPhone歴10年の私がメインスマホとして乗り換えたが、サブスマホとしての運用に決めた話。

8 min

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

これまで10年以上、生粋のiPhoneユーザーだった私。

Apple製品はデバイス同士の連携が最強で、身の回りの物も全てApple製品に統一。この沼から10年以上抜け出せなく、抜け出すつもりもありませんでした。

しかし突然、今まで目もくれなかったAndroid端末に興味を惹かれるように。

そのきっかけを生んだ端末が『Galaxy Z Fold 4』。

サムスン電子の販売する、折りたたみスマートフォンです。

2ヶ月悩んだ末、満を持して購入し、2週間メインスマホとして運用してみました。

その結果、スマホ↔タブレットを状況に応じて使い分けられる利便性抜群のデバイスでしたが、私の使用環境を鑑み、Galaxy Z Fold 4はメインスマホではなくサブスマホとして運用することに決めました。

この記事では、

  • 購入に至った経緯
  • メインスマホとして2週間レビュー
  • サブスマホとしての運用に決めたワケ
  • iPhoneユーザーでも乗り換えはあり?なし?

について、話していこうと思います。

現在、iPhoneユーザーで乗り換えを考えている人や、Galaxy Z Fold 4が気になっている人は、是非最後まで記事をご覧ください。

ゆっぺ

ゆっぺ

これから購入する際の判断材料になりましたら嬉しいです!

Galaxy Z Fold 4
\おすすめのアクセサリーもチェック!/

Galaxy Z Fold 4の購入に至った経緯

初めに、なぜ私が今まで興味の欠片も示さなかったAndroid端末に惹かれたのか、簡単に話していきたいと思います。

「お前知らなかったのかよ!」と思われるかもしれませんが、正直折りたたみスマホの存在を知ったのは最近です。(ガジェットブロガーとして失格)

国内販売開始は2022年9月29日。

一人暮らしモノメディア「monograph」チャンネルを運営する堀口英剛さんの動画で存在を知り、

な…なんじゃこのスマホは…!!

と一目惚れし、見れば見るほど惹かれていってしまいました。

正直、今メインで使用しているiPhone 12 miniに不満は無かったのですが、Galaxy Z Fold 4に乗り換えることで、

ゆっぺ

ゆっぺ

(漫画も動画も大画面で見られて…マルチタスクで作業できて…スマホとタブレットを併用できて…ぐふふふふ…………)

と、次々と妄想が膨らみ、気づけばGalaxy Z Fold 4の虜となっていました。

しかし、「約25万円のスマホ…そして10年以上iPhoneを愛用し続けていた私がAndroid端末に順応できるのか…連携はどうする…」などと様々な不安が脳裏をよぎり、結局2ヶ月もの間苦悩…

悩んだ結果、同じようにiPhoneから乗り換えたユーザーがネット上でちらほら見受けられ、みんな同じ悩みを抱えていましたが「なんとかなっている」人がほとんどで、その記事に後押しされ、購入を決意しました。(安直)

早速ドコモショップに駆けつけ、白ロムで契約。

グローバル版を購入するという選択肢もありましたが、おサイフケータイが使えない点や修理の面を考え、キャリア版を購入しました。

どこのショップにもデモ機が置いていなかったため、ここで初めて端末にタッチ。

ちょっ…未来的すぎぃ…!!!

感じたことはたくさんありますが、とにかく画面が二つ折りできるギミックに1番感動してしまいました。

ファーストインプレッションとしてはとにかく好印象で、iPhoneでは体感できない面白いスマートフォンだと感じました。

そして、2週間の間メインスマホとして運用してみることに。

詳しいレビューにつきましては、次の章でご紹介いたします。

Galaxy Z Fold 4を2週間使ってみてのレビュー

Galaxy Z Fold 4をメインスマホとして2週間運用した、実際の使用感をレビューしていきます。

スマホ↔タブレットのハイブリッドで使い分けが便利すぎる

カバーディスプレイ
メインディスプレイ

折りたたみスマホであるGalaxy Z Fold 4は、折りたたんだ状態のカバーディスプレイと、開いた状態のメインディスプレイ2種類の使い分けができます。

この使い分け、最っ高に便利…

フロントのカバーディスプレイは通知の確認やLINEの返信などで使い、タブレット状のメインディスプレイはブラウジングや動画鑑賞などで使うといった使い分けが簡単にできてしまいます。

ゆっぺ

ゆっぺ

これ1台で活用の幅がグッと広がる…!!

また、画面の切り替えもめちゃくちゃシームレス。

開く↔閉じるの動作に応じてスムーズに画面が切り替わり、そのまま継続してアプリを使用できます。

気になるヒンジの硬さですが、ガラケーのようなパカパカ感は無く少し重め。

Samsung公式では20万回の開閉に耐えられることを確認しており、通常使用の範囲ではまず壊れることは無いでしょう。

ゆっぺ

ゆっぺ

一番心配していたところですが、これなら安心して使えそうです。

ダブレットとして1番丁度いいサイズ感

このサイズ感が絶妙に丁度いい…

今までタブレットはiPad mini 6を愛用していたのですが、動画視聴や読書、ブラウジングなどで使うことの多い私にとってはそれでも少し大きく感じ、Galaxy Z Fold 4のサイズ感が1番しっくりきました。

ベゼルもGalaxy Z Fold 4の方が薄く、小さい画面ながらも没入感が感じられます。

そして何より、コンパクトであることからエンタメ機として最強。

雑誌や読書の閲覧、動画鑑賞には、ぶっちゃけこのサイズが1番見やすくて疲れにくいです。

ゆっぺ

ゆっぺ

大きい画面も見やすいんだけど、その分持つ手も疲れてくるんだよね…

ブラウジングも大画面で楽々。

タブレット用のサイズで画面が切り替わるので、長文もスラスラ読みやすいです。

しかし、一つ気になったのが画像表示。

通常のタブレットと異なり、Galaxy Z Fold 4は正方形に近いアスペクト比のため、画像が表示された場合に画面のほとんどが埋め尽くされてしまいます。

画像1枚で画面全体を占領してしまうため、流し読みをする人にとっては少し見にくいと感じるかもしれません。

カバーディスプレイについては、タブレットを半分にした縦長のアスペクト比。

iPhoneを使用していた人からすると初め違和感を感じますが、縦長だとSNSやブラウジング時、1度にかなりの情報が表示されるので、意外と便利に活用できます。

持ち心地としては、ディスプレイ2枚分の厚みと重みがあるので、複数の指でしっかりホールドする必要があります。

また、私のように小指を支えとした持ち方をしている人は負担が大きいため、握り込む感じの方が楽に持てます。

ゆっぺ

ゆっぺ

スマホリングがあれば、持ち手も楽でスタンド状にもできるのでオススメです!

広々としたワークスペースで必要な情報を全て表示できる

1画面:カレンダー
2画面:タスクやSpotifyなど細々したもの

タブレットとして使用できる他、ホーム画面のウィジェット表示がとても便利。

私はスケジュールやタスクなど全てアプリで管理しているのですが、それらの情報をウィジェットとしてホーム画面に常時表示できるので、わざわざアプリを開く必要がありません。

ゆっぺ

ゆっぺ

iPhoneだと1画面丸々埋まるぐらいの勢いだったけど、Galaxy Z Fold 4ならタブレットモードにできるからウィジェットを置いても圧迫感がない…!

また、小さい画面ながらマルチタスク機能も搭載。

最大3アプリの同時表示が可能で、YouTubeを見ながら同時にSNSを確認したり、ブラウジングをしながらメモをするなど、1画面で同時作業が行えます。

ゆっぺ

ゆっぺ

Amazonで気になる商品を見つけた時、すぐ隣にChromeを置いて検索できるの超便利…

重さが最大のネック

Galaxy Z Fold 4を使う以上、重さからは逃れられません。

本体重量は約270gで、iPhone 14 Pro Max(240g)よりも重いです。

ゆっぺ

ゆっぺ

ずっと軽くてミニマムなiPhoneを使っていたから、余計に重く感じる…

また、この重さはゴロ寝使用にも影響し、片手で支え続けるのは結構しんどいです。

お世辞にも「スマート」とは言い難いスマートフォンなので、身軽さも重視している人にはおすすめできません。

大きさに関しては、普通のスマートフォンと変わらないくらい。

しかし、厚さは2倍近くになるので携帯性は若干悪く感じます。

高級故に気を使う

はっきり言って、Galaxy Z Fold 4は高級スマートフォンです。

なので、どこに持ち歩くにしても常に緊張感がつきまといます。

ゆっぺ

ゆっぺ

ぶつけたり落としたりしたときの修理代が怖すぎる…

Galaxyサポート曰く、修理内容で1番件数が多いのはメインディスプレイの破損だそう。

この面はガラスフィルムも貼ることのできない箇所なので、落としたりぶつけたりしたら1発で破損する可能性大です。

参考までに、保証に加入していない場合の画面修理代金は499ドル(約65,000円)となるため、絶対に保証は入ったほうが良いです。(私はドコモのsmartあんしん補償に加入しました)

また、ヒンジも要注意箇所。

心配な人はヒンジまでカバーできるケースを装着することをおすすめします。(私は余計にダボッとするのが嫌だったので、心配ながらもヒンジむき出しのケースを付けています)

以上が、Galaxy Z Fold 4を2週間使ってみてのレビューとなります。

メインスマホに選ばれなかった理由

2週間使い込んでみた結果、メインスマホとして使うことを断念しました。

その理由をお話します。

瞬発的な使い方についてこれない

私個人としてのスマートフォンの定義は、昔のガラケー時代と変わらず連絡ツールそのもの。

電話やLINEが来た際、瞬時に対応できるフットワークの軽さをスマートフォンに求めていますが、Galaxy Z Fold 4では対応できませんでした。

その理由は単純で、筐体の大きさと重さです。

仕事柄的に電話とLINEを多く活用するのですが、ポケットから取り出す際に引っかかったり、文字入力の際に重さが煩わしかったりと、最も重要な場面で足を引っ張ってしまいました。

他の場面では大変便利に活用できたのですが、重要な場面で対応できないと困るので、今回メインスマホとしての使用は見送らせていただきました。

MacやApple Watchとの連携問題

連携(AirDropやiCloud同期)に関しては、外部サービスを介せば対応できることは熟知していたのですが、実際使ってみるとアナログなやり取りが面倒で、これから先もずっとこの状態で使うと思うと耐えられませんでした。

ゆっぺ

ゆっぺ

AirDropの手軽さに慣れてしまったらもうやめられない…

また、iPhoneを手放すということはApple Watchも手放すということ。

2週間外して生活してみましたが、やはり決済や通知の確認で便利に活用していたApple Watchは、私にとって手放せない存在でした。

ちなみにGalaxy WatchなどのAndroid対応スマートウォッチで代用する手もありますが、Apple Watchの四角いデザインが気に入っているため、デザイン性の面でも乗り換えを躊躇してしまいました。

サブスマホとしての立ち位置になった理由

残念ながらメインスマホとして運用することはできませんでした。

しかし、たらい回しでサブスマホとしての運用に決めたわけではなく、サブスマホとしての立ち位置が相応しいと感じたからこそ、この運用法に決めたのです。

その理由をお話します。

ブラウジングやエンタメ機としてはスマホ界最強レベル

引用:金色のガッシュ2より

動画を見る、漫画や雑誌を読む、ネットで調べ物をするなど、エンタメ面での使用では間違いなくスマホ界最強レベルです。

画面の大きなタブレットも見やすいですが、この7.6インチという大きさは視野に収まりきる絶妙な液晶サイズで、心地よく画面に集中できます。

そして、最大の強みが折りたたんで持ち歩けること。

これはタブレットにはない強みで、スマホサイズで持ち歩き、使いたい場所で開いてタブレットサイズで使用できるのは折りたたみスマホならでは。

もちろん、データ入力や動画編集など広々とした液晶で効率を求められるような作業はタブレットに劣りますが、エンタメ性のある趣味の範囲の使用ではGalaxy Z Fold 4が輝きます。

また、仕事柄あちこち車で移動することが多く、その際必ずGoogle Mapを使用するのですが、大画面でのマップがめちゃくちゃ見やすい…!

iPhoneのGoogle Mapでは、画面が小さいことからほんの少し先のルートまでしか表示されませんが、Galaxy Z Fold 4だと5km先のルートまでひと目で確認できます。

ゆっぺ

ゆっぺ

邪魔にならないサイズだし、カーナビよりサクサク動くし最高…!

タブレットより軽快に持ち歩ける

今まで外でPC作業する際、同時にiPad mini 6を持ち歩いていたのですが、タブレット枠をGalaxy Z Fold 4へ乗り換えたことで、より軽快に移動できるようになりました。

また、カフェやコワーキングスペースなどでデバイスを広げる際、タブレットって結構かさばって邪魔になったりするのですが、Galaxy Z Fold 4なら状況に合わせて折りたたんでコンパクトにできるので、限られた広さのテーブルでもスマートに設置できます。

ゆっぺ

ゆっぺ

スマホとしてもタブレットとしても、様々なシーンで汎用的な使い方ができるから、サブスマホとしての立ち位置がベストでした!

ポケットWiFiとしても使用し一石二鳥

ここからは余談になりますが、Galaxy Z Fold 4にはデータ通信用SIMを挿入し、ポケットWiFi代わりとしても使用しています。

今までは「富士ソフト FS040W」をポケットWiFiとして別途持ち歩いていたのですが、どうせならGalaxy Z Fold 4とまとめれば荷物もさらに減らせ、充電の数も減らせるということで、テザリングを使用してWiFi環境を構築しています。

データ通信用SIMとして契約しているのが「mineo(マイネオ)」。


端的に言うと、めちゃくちゃコスパが良い格安SIMです。

契約内容は、データ通信のみ20GBプラン。

これで毎月1,925円は格安過ぎません!!???

しかも、パケット放題 Plusに加入すればデータ通信無制限で使用できます。(10GB以上契約している場合は月額無料…!)※mineoスイッチで好きなタイミングで切替可能!※速度制限(3日で10GB以上利用時)

全部は紹介できませんが、料金プランもシンプルで、とにかく安くたくさん使いたい人におすすめの格安SIMです。

また、契約する際はエントリーパックを購入することで契約事務手数料3,300円が無料となるため、事前の購入をおすすめします。

iPhoneユーザーでも乗り換えはあり?

私はiPhoneからメインスマホとしての乗り換えはできませんでしたが、使用環境や使い方によっては、乗り換えも全然ありだと思います。

乗り換えても困らない人
  • iPhoneにこだわっていない
  • Appleデバイス同士の連携がない
  • Apple Watchを使用していない
  • 大きなスマホでも問題なし
乗り換えたら不便な人
  • iPhoneのUIが気に入っている
  • Appleデバイスで統一している
  • Apple Watchが大のお気に入り
  • iPhoneより大きなスマホは使いたくない

Galaxy Z Fold 4単体としての使い心地は間違いなく最高なのですが、やはり問題なのがデバイス連携やApple Watchの有無。

この辺りの対策ができ、順応できそうであれば、iPhoneから乗り換える価値は大いにあると思います。

まとめ

以上、iPhone歴10年によるGalaxy Z Fold 4の2週間レビューでした。

結果としては、メインスマホにはなれなかったけど、思ってもみなかったサブスマホとしての活用法を開拓できたため、購入して良かったと感じています。

かなり幅広く扱えるおもしろ端末なので、購入後に新たな使い道も発掘できるかもしれません。

ゆっぺ

ゆっぺ

とにかく心の底から「買ってよかった!」と思えるスマートフォンでした!!!

以上、ゆっぺ(@greenvip_jp)でした。

Galaxy Z Fold 4
\おすすめのアクセサリーもチェック!/

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがおすすめ!
現金でチャージするたびに、チャージ額×最大2.5ポイント還元されます。

ゆっぺ

ゆっぺ

えっ!!お得すぎ!!!

今なら、5000円チャージで1000円分のポイントがキャッシュバックされるキャンペーンも実施中です。

  • 初回チャージで1,000円分のポイントGET
  • チャージ金額に合わせ最大2.5%のポイントGET

\ 今すぐチャージ! /

ゆっぺ

ゆっぺ

暮らしに役立つガジェットとDIYを主に紹介するブログです。詳しいプロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)