【Kindle Paperwhite セージ】読書に彩を。新色セージをレビュー。

どうも。ゆっぺせんせい(@greenvip_jp)です。

 

私の毎日の生活に欠かせないアイテムの1つが『Kindle Paperwhite』。

軽く、薄く、手軽に読書を楽しめる電子書籍端末です。

【Kindle Paperwhite 10世代 レビュー】読書をより楽しく、より手軽にできる魔法の端末

Kindleといえばブラックカラーのみのラインナップだったのですが、2020年6月11日に待望の新色が登場しました。

対象となるのは『Kindle Paperwhite 10世代』。新たに仲間入りしたカラーは『トワイライトブルー』『セージ』『プラム』の3色です。(左から順に)

これまでブラックカラーのみで「なんか地味だな〜」なんて思ったりもしていたのですが、これなら好みの色で読書をさらに楽しめそうですね。

 

今回、3色のうちの1つ『セージ』を購入しましたので、セージの外観や、元々所持していたブラックとの比較も交えながら見ていこうと思います。

ゆっぺ
『セージ』が好みの色過ぎてテンション上がる!!!

Kindle Paperwhite 10世代 レビュー

【Kindle Paperwhite 10世代 レビュー】読書をより楽しく、より手軽にできる魔法の端末
この記事の著者
おなまえ

ガジェット×DIYブロガー

ゆっぺ

Yuppe

プロフィール

ガジェットとものづくりが大好き。遊び心のあるガジェットや、賃貸で実現可能なDIYを紹介しています。
プロフィール詳細

セージ|概要

Amazonで購入可能。

新たに3色が加わり、カラーは『トワイライトブルー』『セージ』『プラム』『ブラック』の計4色となりました。

 

パッケージはブラックと同じで、基本的なところは特に変わりなく。

唯一変わっているところといえば、右下に本体カラーのステッカーが貼られていることくらい。

開封していきます。

付属品も、これまでのブラックと変わりありません。

付属品
  • Kindle Paperwhite 10世代 本体
  • microUSB 充電ケーブル
  • 取扱説明書

それでは、外観を細かく見ていきましょう。

セージ|外観をチェック

こちらが本体。

正面から見ると縁にさりげなくセージの色が見えています。

ゆっぺ
正面から見ても、しっかりブラックと差別化できるのがいいね!!

背面は全面セージカラー。

優しめの緑色で、女性の方でも使いやすい色合いですね。

このセージの色味は、食用や薬用に使われるハーブの『セージ(Sage)』が由来となっているのかもしれません。

これまでのKindle Paperwhiteと同じで、背面はマット素材

手触りがよく、多少のグリップ性もあるので、安定して持つことができます。

電源ボタンまでセージカラーで塗りつぶされています。

ゆっぺ
液晶以外全てセージカラーで可愛らしい!!

セージ|ブラックと比較

ブラックとセージを比較していきます。

先程も述べましたが、やはり縁までしっかりカラーリングされているとメリハリがあっていいですね。

ゆっぺ
自分の好きなカラーがちらっと見えるのは、読書のモチベーションアップにもつながるね!!

ブラックもシンプル且つ無難な色で良いのですが、セージも個性があっていい色だと感じます。

複数の本をまとめて収納する端末となるので、やはり本体カラーはこだわりたいポイントですね。

セージ|セージの良いところ

ブラックと比較し、セージの良かったと感じたポイントを紹介します。

個性的

まず、無難なブラックやホワイトとは異なったカラーで、個性を表現できるアイテムの1つであるというのがポイントだと感じます。

私は何でも所持するものはグリーンで統一したいというこだわりがあるので、そんな人にとっても複数のカラー選択肢があるというのはありがたいですね。

指紋が目立ちにくい

セージに限ったことではないかもしれませんが、比較的指紋が付きにくい(目立ちにくい)と感じました。

ブラックは画像の通り、読書を終えると指紋でベタベタです。

セージに関しては本体カラーが明るめであることから、指紋が付いても目立ちにくいです。

トワイライトブルーやプラムに関しても、もしかしたら指紋が目立ちにくいかもしれません。

ゆっぺ
少なくともブラックよりかは目立ちにくいだろうね・・・

セージ|『広告つき』しか選択できない

セージを含む新色3色(ブラックを除く)には唯一の欠点があります。

それは、もれなく広告が付いてくることです。

Kindleは購入前に「広告なし」「広告つき」のモデルを選択できるのですが、新色は『広告つき』しか選択できません。

左 : 広告なし(ブラック) 右 : 広告つき(セージ)

画像をご覧ください。現在両方のKindleはスリープ状態となっています。。

左のKindle(ブラック)は壁紙が表示されているのに対し、右のKindle(セージ)は明らかな広告が表示されています。

これが、広告なしモデルと広告つきモデルの違いです。

広告つきの場合、ホーム画面の下にも広告が表示されます。

スリープ解除前

スリープ解除後

そして、広告つきモデルの最大の邪魔者はココ。

広告なしモデルは電源ボタン1タップでスリープが解除されるのに対し、広告つきモデルは電源ボタン→スワイプと、1テンポ動作が多くなります。

 

し・か・しですよ。

この広告や面倒な動作は、読書をしている(本を開いている)時は、全く表示されないし、関与しません。

なので、広告つき・なしモデルどちらを選んでも、変わらず読書は快適に行うことができるのです。

 

広告といえば、無料アプリに表示される超邪魔な広告を想像していたのですが、Kindleに表示される広告は逆に馴染んでいて、少しも邪魔とは感じませんでした。

よほど広告なしモデルにこだわりを持っていない限り、広告ありで新色を購入してもいいのかなと感じます。

ゆっぺ
広告、思ったより邪魔じゃなかった・・・

セージ|まとめ

以上、Kindle Paperwhiteの新色『セージ』のレビューでした。

セージは優しめの緑色で、男女問わず馴染んで使える色合いです。

セージも含めて3色新たに登場したので、他の色もチェックしてみてください。

 

これで計2台のKindleを所有することになりますが、デスク用と寝室用で分けて使おうと思っております。

ゆっぺ
セカンド端末としての購入もおすすめ!!

Kindle Paperwhite 10世代 レビュー

【Kindle Paperwhite 10世代 レビュー】読書をより楽しく、より手軽にできる魔法の端末

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)