どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

Appleでの買い物で、なんと言っても便利なのが「ローン」を組めること。

12回払いまで金利0円や、時たま24回払いまで金利0円のキャンペーンがやっているので、持ち金の少ない学生さんや、今欲しいけど現金がない人におすすめだ。

 

しかし、便利なAppleローンなのだが、

学生でもローン使えるの?

ローンって聞くと大人のイメージがあって・・・

親にバレるのが怖い・・・

と、Appleでのローンの利用を躊躇している学生さんも多いと思います。

Apple製品となると高額で、親に話すと反対されそうですもんね。

 

しかし、そんな親に怯えた学生さんでも大丈夫。

 

学生時代Appleローンを使いまくっていた私が、

ローンの組み方から購入まで

きっちり説明したいと思います。

 

しかも、親にバレずに。

 

ローンの利用を躊躇している学生たち、この記事を読んでさっそくApple Storeに走るがよい!!!

スポンサーリンク

私(当時)の概要

  • 年齢:19歳
  • 職業:専門学生
  • 住まい:学生寮(親の支払い)
  • 年収:40万(アルバイト)
  • 購入するもの:MacBook12インチ(20万)

    学生でもAppleローンを使えるの?

    まずは大前提の話。

    学生はAppleローンを利用できるのか?

     

    結論から話すと、

    全く問題なく利用できます。

     

    しかし、利用するにあたりいくつかの条件があります。

    1.18歳未満は利用不可能

    残念ながら、18歳未満は親にバレるどころか審査にすら入らせてもらえません。

    まあ、当たり前っちゃ当たり前ですが・・・。

    年齢確認が必ずされるので、黙って18歳まで待ちましょう。

    2.必要書類がある

    利用するにあたり、必要書類があります。

    それは、身分証明書

    ローンを利用するということは、どこでも同じだが身分証明書が必用になるので覚えておくと良い。

     

    また、学生である場合Appleでは「学割」が適用できるので、同時に学生証も準備しておくといい。(専門学生や大学生など)

     

     

     

    以上のことのみなので、条件が揃っていれば審査を受けられる権利を手に入れることができる。

    次は、手続きの流れを説明する。

    スポンサーリンク

    基本的な手続きの流れ

    欲しい商品を伝える

    欲しい商品を店員に伝え、同時に支払い方法を「Appleローンで」と伝える。

    そうすれば手続きを開始してくれる。

    店員さんの診断

    ここでは店員さんによる簡単な審査を行う。

    まず18歳未満はローンを組めないので、身分証明書の提示をする。

    その後、確認が取れたら合計金額の確認を行う。

    必要事項の記入

    店員さんからiPadを渡され、申し込みサイトに必要事項を打ち込んで行く。

    これはローンを請け負う「オリコ」に送る審査用の書類だ。

    わからないことがあれば店員さんが優しく教えてくれる。

    記入した書類をオリコに送信

    ここでオリコに送信し、オリコが確認をする。

    本人確認の電話&質問

    本人確認の電話がオリコからApple Storeの専用電話にかかってくる。

     

    店員さんが出て、購入者本人へと変わる。

    ここではいくつかの質問がされる。

     

    私が聞かれた質問は、

    • アルバイトの年収
    • 現在住んでいるアパートの家賃は誰が払っているのか
    • 購入した端末の使用目的はなにか

    など。

     

    実はこの時点で合否の判定が出てしまう。

     

    しかし、特に深く考えることなくありのままに答えると良い。

    審査が通るようにと嘘をつくと、後々面倒になるからだ。

    下手すると二度とローンが組めなくなる危険性もある。

     

    私の場合、

    • アルバイトの年収 → 40万
    • 現在住んでいるアパートの家賃は誰が払っているのか → 
    • 購入した端末の使用目的はなにか → 勉強

    で審査を通ることができた。

     

    私の購入した20万円のMacBookでも審査が通ったので、意外とちょろいのかもしれない。

    判定後の手続き

    審査が通った場合、ここで引き落としの口座を記入をしていく。

    基本的に普段使用している口座で大丈夫。

    過去にAppleローンを使用していれば、「前回と同じで大丈夫です」と伝えれば短縮できる。

    商品の受け取り

    口座の登録も無事終了すれば、店員さんから「おめでとうございます!」とお祝いの言葉をいただき、商品を受け取る。

    問題なく進めば、

    当日持ち帰る

    ことも可能だ。

    審査から購入までかかる時間

    店員さんとの取引が始まったところから計算すると50分で手続きが完了した。

     

    過去に1度Appleローンを利用していれば、30分程度で終わらせることも可能。

     

    しかし、Apple Storeは基本混んでいるので、待ち時間も含めると1時間以上は見積もったほうがいいと思います。

    親には本当にばれないのか?

    基本的に親にはバレずに審査を通すことができます。

    ある程度生活できていたら、審査の時点で親に電話連絡もいきません。

     

    しかし、ここで注意点。

    • 買った物があまりにも高額
    • 家賃が高い
    • 年収が低い

    この場合、もしかしたら確認で親に連絡がいく可能性がある。

     

    20万円のMacBookでも当時19歳の専門学生の私が購入できたので、おそらく大丈夫だとは思うが、そこはオリコ本社でないと規定はわからない。

    確実に親に連絡がいく落とし穴

    これをしてしまうと確実に親に連絡がいってしまう。

     

    それは、

    滞納

    である。

     

    学生であるということは、ローン会社からすれば確実に信じられるわけではないと思う。

    私もローン会社に勤めていれば、学生が確実に金額を払ってくれるとは信じがたい。

     

    というわけで、1回でも滞納してしまえばほぼ間違いなく連絡がいくと思われる。

     

    しかしこの場合、

    滞納→本人に連絡→本人に連絡がつかない→責任者の親に連絡

    となると思うので、滞納したとしても本人が「必ず来月払います!」とでも言っておけば1回目はまのがれそうだ。

    まとめ

    学生時代、5回はAppleローンを利用した私だが、1度も親にバレずにApple製品を購入することができた。

     

    基本的な生活ができていて、滞納さえしなければ決して親に連絡がいくことはないので、親にバレたくない学生さんもガンガンAppleローンを使っていきましょう!!

     

    あわせて読みたい!!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事