どうも。ゆっぺ(@greenvip)です。

 

MacBook12インチを使い始めて、早いことで2年半が経ちました。

このブログを始めたときからずーーーーーっとこのMacBook1台で作業してきたのですが、そろそろ限界がきました。

MacBook本体?いいえ。

画面の小ささです。

 

MacBook12インチはコンパクトなゆえに画面がとても小さいです。

12インチしかないので、ブログのエディタを開けばもう画面は埋め尽くされてしまいます。

 

ずっと我慢して使ってきましたが、仕事道具は良いものを使おうということで、今回ガツンと良いものを購入しました。

それがこちら。

LG UltraFine 4K Displayです。

Appleから公認で出ている「スーパー高級ディスプレイ」です。

今回はLG UltraFine 4K Displayの開封から魅力までがっつりレビューしていきたいと思う。

 

[box class=”green_box” title=”こんな人に読んでほしい!”]
  • LG UltraFine 4K Displayが気になっていた!
  • Apple純正にこだわりたい!
  • 高級なディスプレイがほしい!
[/box]

スポンサーリンク

なぜLG UltraFine 4K Displayを購入したのか?

MacBook12インチの画面サイズに不満があった

冒頭でも述べたように12インチという小ささに我慢ができなくなってしまった。

 

MacBook12インチを購入した理由として「コンパクトだったから」ということだけだったので、12インチという画面の小ささはそこまで気にしていなかった。

しかし、本格的にブログを書くようになってからこの画面の小ささでは作業効率が非常に悪いことに気づいた。

 

そこで、MacBook12インチを母艦にし、ディスプレイをつなぎ2画面構成でやっていこうということで、ディスプレイの購入に至った。

大きな画面に「夢」があった

最近DIYしたこともあり、デスクが格段に大きくなりました。

[kanren postid=”2334″]

そんなこともあり、机上にMacBook12インチを置くと

かなりしょぼいです・・・・

 

せっかくの大きなデスクを活用しきれていないので、思い切り大画面のものをどどん!と置こうと思い、ディスプレイを購入しました。

 

それでも男は「大きなもの」に夢を感じますよね。「ダイナミックなもの」に夢を感じますよね。

だったら買うしかないっしょ!!!!

LG UltraFine 4K Displayを選んだ理由は?

これは純粋に「Apple推奨」だったからです。

正直ディスプレイについてはそこまで詳しくありません。

むしろ「画面サイズ」「液晶のきれいさ」しか見ていませんでした。

 

しかし、「Apple推奨」という言葉がつくだけで謎の安心感がありますよね??ね?

というわけでLG UltraFine 4K Displayの購入に至ったわけです。

 

本当は選んだ理由が他にあるのですが、そこについては「LG UltraFine 4K Displayの魅力」で語りますね!

LG UltraFine 4K Displayの価格

Apple Storeで購入しました。

価格は¥77,800(税抜)です。

ゆっぺ
高すぎじゃ〜〜〜〜!!!!

 

モデルはLG UltraFine 4K Display他にも5Kモデルがあります。

 

Apple Storeの店員さんに、

ゆっぺ
「4Kと5Kどちらが売れていますか〜?」

 

と聞いたところ、

Bさん
「正直同じくらいですね〜。しかし両方共あまり出るものではないのでなんとも言えませんね」

 

と返答が返ってきました。

余談なのですがApple StoreをこのTシャツ着てうろうろしてたら、

Aさん
店員さんですか??

 

と声をかけられました。笑

どうやらApple Storeの店員さんはクッキーモンスターのオスカーのようです。

スポンサーリンク

開封の義!!!!

まず外箱なのですが・・・・

ゆっぺ
めちゃめちゃでかい!!!!

 

Apple Storeで購入したのですが、

Bさん
大丈夫ですか?1人で持ち帰れますか?

 

と言われてしまった。

それくらいマジででかいです。

 

何がでかいかって奥行きがすごいんです。

ブラウン管でも入ってるんじゃないかってくらい奥行きがありました。

右下にはApple推奨のマーク

これがあるだけで勝った気分になります。

箱を開けるとディスプレイ本体と謎の箱。

ゆっぺ
なるほど。スタンドの奥行きがあるからこんなに大きかったんだ。

 

ブラウン管じゃなくてよかったです。

まずは玉手箱の中身から見ていきましょう。

  • 電源コード2種類
  • USB-Cケーブル(1.8m)
  • VESAカバー
  • クイックセットアップガイド

 

ゆっぺ
へぇ〜〜〜VESAカバーまで付いているんだ〜

 

 

ゆっぺ
!!!!!!!!!

 

なんと触れただけでVESAカバーの爪が折れてしまったのです・・・。

 

その後Apple Storeに電話したら快く対応してくれました。

神秘のベールから解き放つとこの綺麗さ!!!!!

さすがApple推奨。神のオーラを感じる・・・。

左上のシールは簡単に剥がすことができます。

なぜココに貼ったんだ。

正面下にはLGのロゴ。

スタンドは幅広く設けられている。

スタンド裏には滑り止めが付いているので、持ち上げない限りこの重さのものは動きません。

頼りがいがあります。

奥行きが22cmほどあり、地震が来ても大丈夫そうです。

横の図。

21.5インチにしてはそこそこ厚みがある。

このように自分の好みの角度に調節することができます。

接合部1つ1つがかなり丈夫に作られているので、振動や間違ってぶつかってしまっても角度が変わることはない。

背面の図。

左から

  • USB-C 3ポート
  • USB-C 給電ポート
  • 電源アダプタ

 

なんとこのディスプレイUSB-Cポートしか付いていないのです。

ゆっぺ
使いにくいんじゃ〜〜〜〜!!!

 

まあこれから徐々にUSB-Cへの移行が始まっているので、この恩恵は後で受けられるでしょう。

反対右側にはVESAカバーの取替爪が付いている。

早くわしのVESAカバーを返してくれ・・・

接続方法

まずは電源アダプタを接続します。

2種類あるので、プラグが2本の日本規格のものを選びましょう。

USB-Cケーブルは、MacBookを給電しながら使いたい場合は右給電しないで使いたい人は左3種類のどれかに接続してください。

あとは電源をコンセントに繋ぎ、UCB-CケーブルをMacBookに接続すれば準備OK!!

MacBookの電源をいれれば自動でLGのディスプレイの電源が入り、自動で表示されます。

 

使いたい時にUSC-CをMacBookに刺すだけなので接続方法はとても簡単ですね!

LG UltraFine 4K Displayの魅力

液晶がぶっとんできれい!!!

LG UltraFine 4K Displayは4Kです。

4Kと言ってもそこらそんじょの4Kとは訳が違います。

 

一般の4Kディスプレイは解像度が3840×2160、画像密度は170ppiのものが多いのですが、LG UltraFine 4K Displayは4096 x 2304もの解像度を誇り、さらにピクセル数も219ppiと高く、MacBookのRetinaと同等の綺麗さを持っています。

これもあってLG UltraFine 4K Displayを選びました。

画像ではどうしても伝わりにくくなるのですが、RetinaのMacBookをそのまま大きくしたような解像度です。

見ていて非常に心地よいです。

高さ調節が楽ちん

背面にあるぶっとい支柱なのですが、実はこれ片手で簡単に操作できるのです。

ガススプリングを使用しているのか、すぅぅぅぅぅっとなめらかに動きます。

これなら女性の方でも簡単に高さの調節ができますね。

 

太いこともあって安定感は抜群。

正面を向いている時はディスプレイの両側を持って動かせば楽ちんです。

給電しながらMacBookから出力可能

背面ポートのUSB-Cがずらっと並んだ箇所がありましたよね。

その1番右のケーブルマークの付いたUSB-CポートはMacBookを給電しながらディスプレイを使うことができるのです。

なので、MacBook12インチのようにポートが1つしかないパソコンでもバッテリーの心配はいりません。

内蔵スピーカー搭載

スピーカーに付いては正直そこまで触れなくていいほどの音質です。

しかし、外部接続のスピーカーを持っていない人からしたらディスプレイ本体から音が出るのはありがたいですよね。

スピーカーの位置はディスプレイ下部にあります。

 注意

ディスプレイ本体には音声出力ポートが搭載されていません。

外部接続のスピーカーを使う際、Bluetoothで接続するかMacBook本体に有線で接続してください。

LG UltraFine 4K Displayの少し残念だったところ

USB-Cポートしかない・・・

そう。USB-Cポートしかないのです。

私のようにMacBook12インチでLG UltraFine 4K Displayに接続した場合、ポートがそれで埋まってしまいます。

 

「ならディスプレイ本体にハブつければいいじゃん」

と、思うかもしれませんが、背面のポートは位置が高く、ハブをつけると・・・

このように宙吊り状態になってしまいます。

しかもサードパーティで出ているUSB-Cハブはどれもコードが短いんですよね・・・

 

もうここは諦めて宙吊りで使っていこうと思います。

USB-Cポート3基とも480Mbps止まり

USB-Cポートしかない上に更に速度が480Mbpsしか出ません。

外付けでHDDなんか付けて使うと凄く遅く感じます。

 

やはり外付けのHDDなど使う場合はMacBook Proなんかと接続し、MacBookと直接続したほうが良さそうです。

私はMacBook12インチしか持っていないので我慢します・・・

凄く重い

箱からしてかなりの重量感がありました。

本体はコンパクトながら、ぎゅっと中身が詰まった感じでかなりの重さがあります。

移動するのに少し大変です。

 

しかも高さ調節スタンドのおかげでディスプレイの両下をつかんで持ち上げようとすると、すぅぅぅぅぅっとディプレイが高くなるんですよね。笑

なので移動する際は支柱を持って移動するしかなさそうです。

 

重みがあるのは良いことやら悪いことやら・・・

なぜLG UltraFine 5K Displayを選ばなかったのか?

これは単純明快です。

私の使っているMacBook12インチでは出力不足でLG UltraFine 4K Displayにしか対応していないからです。

 

Apple公式でも表記がありますが、

LG UltraFine 5K Displayと互換性のあるMacは

  • iMac Pro (2017)
  • iMac (2017)
  • MacBook Pro (2016 以降)

のみです。

私のMacBookは非力すぎます。

 

ちなみにLG UltraFine 4K Displayと互換性のあるMacは

  • iMac Pro (2017)
  • iMac (2017)
  • MacBook Pro (2016 以降)
  • MacBook (2016 以降)
  • ※MacBook (2015 以降)

です。

USB-Cポートを搭載しているMacであれば全て4Kであれば使用できますね。

 注意

MacBook (2015 以降)についてはリフレッシュレート(なめらかさ)が48Hzと少し下がってしまいます。(通常60Hz)

Thunderbolt 2 を利用する Mac モデルには対応していません。

まとめ

結構な高額買い物でしたが、

画面が大きいのは素晴らしい。

と思いました。

 

よく今まで12インチの画面で作業してきたな。と自分を褒めたくなるほど。

 

もし外部ディスプレイが欲しい場合、

少し予算に余裕があったらLG UltraFine 4K Displayを推奨します。

他社製の4Kディスプレイのほうが安く、サイズも自由に選べますが、

LG UltraFine 4K Displayでないとわからない謎の感動もあります。

 

その感動を味わいたいのであれば、是非このLG UltraFine 4K Displayを購入してみてください。

今までの作業環境がぐっと変わります。

スポンサーリンク
おすすめの記事