フロントページはこちらから

【HHKB用パームレスト2種 レビュー】HHKBにベストマッチなパームレスト。高さが揃ってタイピングが加速【シングル・セパレート】

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

私のPC作業に欠かせないアイテムの1つがHHKB

これがないと文字入力できないほど、完全にHHKBの虜となっています。

 

しかし、いくら心地よくタイピングできるキーボードでも、疲れはつきもの。

HHKBに関しては、デスクとの高低差がそこそこあるので手首が浮いたままのタイピングとなってしまい、長時間タイピングした後は手首の痛みや肩こりに襲われます。

ゆっぺ
手首が浮くとタイピングもブレブレなんだよね…

 

そんなHHKBユーザーにおすすめなのが、『バード電子 ウッドパームレスト』です。

パームレストとは、キーボードの手前に置いてキーボードと手首の高低差をなくすアイテムです。

手首と指先をシームレスに繋ぐことでタイピングがしやすくなるとともに、手首への負担がかなり軽減されます。

今まで宙に浮いていた手首もどっしりと構えることができ、パームレスト1枚でタイピングの質がガラッと変わります。

ゆっぺ
たった木の板1枚でこんなに変わるなんて…

そして、なぜHHKBユーザーに『バード電子 ウッドパームレスト』をおすすめしたいのかと言うと、「HHKB専用設計」だからです。

他社製のパームレストも数多く存在しますが、HHKBとサイズがぴったりなのはこの1枚だけ。

専用設計のパームレストを併用することで、HHKBのポテンシャルを最大限に発揮できます。

 

この記事では、HHKBにベストマッチな2種のパームレスト『バード電子 ウッドパームレスト』をレビューをしていきます。

HHKB BT レビュー
【HHKB Professional BTを1年間使用してみて】キーボード1つでこんな快感を味わえるなんて・・・HHKBは紛れもない名機だ。

ご提供品
この記事は、メーカー様より製品を提供していただき作成しています。
この記事の著者
おなまえ

ガジェット×DIYブロガー

ゆっぺ

Yuppe

プロフィール

ガジェットとものづくりが大好き。遊び心のあるガジェットや、賃貸で実現可能なDIYを紹介しています。
プロフィール詳細

ウッドパームレスト|概要

ウッドパームレストは、ユニークなPC周辺機器類を製造、販売するメーカー「バード電子」の製品です。

公式https://shop.bird-electron.co.jp/

HHKB周辺機器も多数取り扱っており、過去に当ブログでもバード電子製の商品をレビューしました。

今回、バード電子様より「シングル型」「セパレート型」の2種を提供していただきましたので、それぞれの特色も踏まえて紹介します。

付属品はそれぞれ同じで、パームレスト本体とゴム脚(2mm、4mm厚)です。

まずはシングル型のパームレスト。

カラーは「クリアー」「ウォールナット」の2色から選べます。

MEMO
本記事で紹介するのは「ウォールナット」です。

素材に天然木を使用しており、ぬくもりのある肌触りです。

塗料にはオスモオイルを使用。植物油を原料としているので、化学物質を一切含まず、自然にも人にも優しいです。

エッジは綺麗に整えられ、見た目も肌触りもGood。

バリなども一切なく、妥協のない仕上がりです。

背面には、バード電子の「BIRD」ブランドロゴが刻印。

厚さは13.5mm(15.5mm / 17.5mm)

底面に付属のゴム脚を貼ることで、高さを調節できます。

 

また、天然木を使用しているということで「反り」を気にする人も多いと思います。

長期間の使用でどう変化していくかは分かりませんが、開封直後はもちろん反りは一切なく、ガタつくことなくデスク上に設置できます。

続いてセパレート型のパームレスト。

こちらは2020年11月に発売されたばかりの新作で、シングル型とは異なり、両端に設置して使用するモデルです。

カラーは現時点で「ウォールナット」一色のみ。

素材や仕上がりなど、基本的なところはシングル型と同じです。

異なる点を上げるとすれば「HHKBロゴ」が刻印されていること。

セパレート型は裏表が決まっておらず、好みのロゴを上面に定めて使用することができます。

 

また、セパレート型については小型なので長期間使用による「反り」はあまり気にしなくても良さそうです。(サイズが小さければ小さいほど反りも小さい)

ウッドパームレスト|ゴム脚の貼り方

ゴム脚は、2mm厚のものと4mm厚のものがそれぞれ4枚ずつ同封されています。(セパレート型は8枚ずつ)

デフォルトのままパームレストを設置すると高さが合わないので、ゴム脚を貼って高さを揃えます。

デフォルト

2mm厚

4mm厚

4mm厚のゴム脚を貼るとHHKBと高さが揃うので、基本的に4mm厚を推奨します。

2mm厚は段々に高さを出したい人に向いていますね。

ゆっぺ
ゴム脚には滑り止め効果もあるので、必ずどちらかは貼りましょう!

ゴム脚の貼り方

STEP.1
ゴム脚を剥がす

シートからゴム脚を剥がします。

STEP.2
端に貼る

パームレスト背面の端の方に貼ります。

ポイント
端の方に貼りすぎると反りが起きた時にガタつきやすいので、若干中央寄りに貼るのがおすすめ。
STEP.3
4隅に貼って完成

4隅に貼れば完成です。

セパレート型も同じで、両側4隅に貼ります。

MEMO
粘着力が強めですが、後ほど剥がすことはできます。

バード電子のゴム脚にはマイクロセルポリマ素材が使用されており、デスク天板に跡が残らないよう工夫が施されています。

ゆっぺ
木製の天板を使用しているから跡が残らないか心配だったけど、これなら大丈夫そう…

ウッドパームレスト|シングル型をレビュー

シングル型の使い方としては、HHKBの手前に合わせてパームレストを置くだけ。

気持ちいいくらいピッタリサイズです。

高さについてもこの通り、完全にHHKBに馴染んでいます。

使用感はと言うと、今まで浮いていた手首がパームレストの上に乗り、ブレることなく安定してタイピングができるようになりました。

同時に、腕全体を安心してパームレストに委せられるので、リラックスしながらタイピングできます。

ゆっぺ
とにかく快適さが段違い!

パームレストなし

パームレストあり

その安定感は一目瞭然。

とにかくシングル型パームレストについて言いたいことは、あるかないかじゃ絶対にあったほうが良い!ということです。

ウッドパームレスト|セパレート型をレビュー

セパレート型は、基本的にHHKBの両端に設置して使用します。

セパレート型の強みとしては、左右独立型なので角度や位置に縛られることなく、自分のベストポジションに設置できることです。

例えば、一枚をHHKB側に設置し、もう一枚は左手デバイス側に設置なんて使い方もできます。

ゆっぺ
とにかくいろんな使い方できるのがセパレート型!

こんな感じで、尊師スタイルに合わせてパームレストを設置することもできます。

使用しているのはMacBook 12インチですが、パームレストとMacBookのアームレストがピッタリサイズ。

13インチ、16インチクラスのMacBookでも問題なく使用できそうです。

トラックパッド部分が空いているので、パームレストを乗せながらのトラックパッド操作が可能です。

シングル型のパームレストでもMacBook上に乗せることはできますが、シングル型だとトラックパッドごと塞いでしまうので、このフォルムはセパレート型の特権です。

また、セパレート型は重ねてコンパクトに持ち運べるので、外出先でも使用したい人はセパレート型をおすすめします。

ウッドパームレスト|まとめ

以上、HHKBにベストマッチな2種のパームレスト『バード電子 ウッドパームレスト』のレビューでした。

 

バード電子 ウッドパームレストは、HHKBに最適なサイズ感でタイピングの質を向上するとともに、手首への負担や肩こりを軽減できます。

2種類のモデルが用意されており、それぞれ用途によって適したモデルを選択できます。

選択の基準

  • シングル型 → 据え置きで使い、とにかくシンプルに使いたい人
  • セパレート型 → 複数のデバイスを同時に使用したり、汎用性のある使い方をしたい人
ゆっぺ
HHKBユーザーにとってあっても困らない便利アイテムなので、是非導入をおすすめします!

以上、ゆっぺ(@greenvip_jp)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)