どうも。ゆっぺ(greenvip)です。

とうとうこの日がやって参りました。

MacBookを使い始めてはや2年・・・。新しい相棒との出会い・・・。

MacBook12インチ 2016年モデルを入手しましたぁーーーーー!!!パンパカパーーーーン!!

以前まで筆者の使っていたMacBookはMacBook Pro 2012年モデル。MacBook歴としては2代目となる。

興奮でおかしくなっているが、早速開封レビューをしていこうじゃないか。

スポンサーリンク

MacBook12インチ 2016年モデル 登場

Apple Storeオンラインで購入。注文日から到着まで1週間以上かかった。

なぜこんなにも時間がかかったのかというと、

発表したてで注文が殺到→在庫の確保ができない+支払いがAppleローン

だったからだと思われる。

筆者ががこのMacBook12インチを購入しようと思い始めたのが2016年の4月頭。この時点では未だ2015年モデルのみ。ここでスペックをどうしようかとだらだら考えていたら、

いきなりMacBook 12インチ (early2016)が発表された。

発売日が2016年4月19日。MacBook 2015年モデルから買い替えたり、新規で買った人たちが多く生産が追いつかなかったのだと思われる。

もう一つの理由として支払い方法がAppleローンであったこと。

Appleローンは「オリコ」というローン会社を仲介して行うので、順々にいくつかの段取りを組まなければならない。

ここで時間をくってしまったので、なかなか発送まで至らなかった。

  審査に通るまではAppleは在庫を確保してくれず、もちろん発送も行えない。

ちょっぴり加えたカスタマイズ

IMG_0639

  • CPU:1.1GHzIntel Core m3プロセッサ→1.2GHzデュアルコアIntel Core m5プロセッサ
  • メモリ:8G
  • ストレージ:SSD 256G→SSD 512G
  • カラー:ゴールド
  • キーボード:JISキーボード→USキーボード

CPUは妥協したくなかったのでカスタマイズして1.2GHzまでグレードアップ

1.3GHzの最上位モデルもあったが、安定しないという記事を前に見たので今回はスルーしました。

キーボードはもちろんUSキーボード。このシンプルさがたまんない。

カラーはがっつりゴールド。金。金。金。

スポンサーリンク

簡単に開封の儀

美しいパッケージ

IMG_0557

降臨。

このビニール外す時の気持ちよさはいつになっても変わらない。

持ったとき「軽っ!!!」と思わず口にしてしまうほど箱から軽さが伝わる。

IMG_0559

このシンプルで丸みを帯びたボディ。さらに12インチという可愛らしいサイズ感。たまらん。

セット内容

IMG_0562

セット内容はこの通り。

  • 本体
  • 充電器
  • Hello

お決まりですね。

スペースグレイ・ゴールドが登場してからおなじみのAppleステッカーも本体と同じカラーに変更された。

Retinaディスプレイが美しすぎて感動

IMG_0571

私が以前使用していたMacBook Proが非Retinaだったこともあり、初めて見るRetinaディスプレイには感動した。

画質、色、すべてが鮮明に写っていて、もう非Retinaには戻れない。

ベゼルも薄く、好印象。

キーボードは新採用の「バタフライキーボード」

IMG_0574

キーボードはMacBook12インチシリーズで新採用された「バタフライ構造」となっている。

20150310_02

キーストロークが浅く、平べったいのが特徴。今までにこんなキーボードは見たことない。

打撃感はペシペシ打っている感覚。慣れるまでに時間がかかりそうだ。

トラックパッドも新採用「感圧式トラックパッド」

IMG_0573
こちらも初めて採用された「感圧式トラックパッド」。

四隅でもどこでも同じように沈み、更に押し込むことで2段階クリックができるのが特徴。ちなみに電源を切ると不思議なことに押しても沈まなくなるのだ。

意外にも高音質なスピーカー

IMG_0587

スピーカーは意外にもクリアで高音質だった。

このスマートなボディでも満足できるほどの音を出す。

外部ポート

 

外部ポートは良いも悪いもUSB-C端子・イヤホンポートの2箇所のみ。

何かを得るためには何かを失わなければならないとはまさにこのこと。

ここまでの薄さを実現させるためには仕方がない。

まとめ

今回は開封と簡単なファーストインプレッションでした。

まだ触れたばっかだが、以前まで使用していたMacBook Proと比べれば大満足。

あまり重い作業をせず、持ち歩きに便利な端末を探しているのならかなりおすすめですよ。

 

※追記 詳しい性能や使い心地はこちらの記事で!!

スポンサーリンク
おすすめの記事