【Blue Microphones マイクアーム レビュー】スプリング・ケーブルの見えないスタイリッシュなマークアーム

5 min

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

最近自宅でのWeb会議等が増え、コンデンサーマイクを導入しました。

コロナ禍の昨今、リモートワークでマイクを活用している人も多いのではないでしょうか。

そこで問題になるのが、マイクの置き場。そのままデスク上に据え置くと、邪魔で仕方ありません。

ゆっぺ

ゆっぺ

特にケーブルなんかも丸見えだとかっこ悪い…

というわけで、マイクをなるべくデスク上で邪魔にならないようマイクアームを新調しました。

それが『Blue Microphonesのマイクアーム』です。

スプリングとケーブルが隠れた、非常にスタイリッシュなマイクアームです。

マイクアームと言っても様々なものが販売されておりますが、ほとんどが調節用のスプリングが丸見えのもの。

私はそのスプリングがどうしても不格好で許せなかったので、Blue Microphonesのマイクアームを購入しました。

最大の特徴は、スプリングを内蔵しており、ケーブルもクリップで留められること。

1本の鉄の棒のようにスッキリまとめられており、洗練された仕上がりです。

ゆっぺ

ゆっぺ

質感もしっかりしていて、文句なしのマイクアーム!

この記事では、スプリング・ケーブルの見えないスタイリッシュなマークアーム『Blue Microphones マイクアーム』のレビューをしていきます。

ここがポイント!
  • スプリング内臓で見た目がスタイリッシュ
  • ケーブルをクリップで固定できる
  • 重厚感のあるデザイン

Blue Microphones マイクアームの概要

Blue Microphones マイクアームは、音声配信機器類を主に取り扱うメーカー「Blue Microphones」の製品です。

Blue Microphones マイクアームは他社製と比べてかなり値も張りますが、それだけ品質も保証されている高品質なマークアームです。

ゆっぺ

ゆっぺ

どうせ買うなら長く使える物が良かったので奮発しました…

回転角度360°
最大水平方向距離81cm
最大荷重1.08kg(ショックマウント含む)
ケーブルマネージメント格納式ケーブルマネージメント
デスクトップマウントC型クランプ
デスクトップの最大厚6.6cm
システム要件1.08kg(2.4ポンド)
以下のマイクをマウント可能
付属品製品本体
3/8→5/8インチ変換アダプター
保証国内正規品
2年間メーカー保証

こちらがパッケージ。

細長のダンボールに包まれて届きます。

開封すると、アーム本体、C型クランプ、取扱説明書が同梱されています。

関節は3箇所あり、マイクに近い方のアーム(左)が約35cm、クランプに近い方のアーム(右)が約40cmとなっております。

ひっくり返すと、関節には固定用のつまみが付いています。

右に回すと固定。左に回すと緩む。

このつまみを使って、アームの角度を調節します。

マイク側の関節には、メーカーロゴの「Blue」の刻印入り。

マイク取付部のネジ山は、5/8インチ、3/8インチの2種類に対応します。

マイクアームのアーム部はステンレス製で、非常に重厚感が感じられます。

90°回すと幅は薄くなっており、全体的に直方体の形をしています。

外面はケーブルを格納できる溝が掘られています。

各3箇所ずつクリップが付いており、格納したケーブルを飛び出さないよう固定できます。

クランプ接続部には、スプリング反発の調節を説明するシール。

こちらは簡単に剥がせます。

底面が調節部となっており、右側のネジを回すことで、スプリングの反発力を調節できます。

右に回すと関節が固くなり、左に回すと緩みます。

左に回しすぎるとネジが外れてしまうため注意。

こちらが、デスクに固定するためのC型クランプ。

最大6.6cm厚のデスクまで対応します。

天板に接地する面にはゴムシートが貼られており、天板への傷を防ぐ配慮が施されています。

ゆっぺ

ゆっぺ

それでは実際に取り付けていきます!

Blue Microphones マイクアームの設置方法

  1. STEP

    C型クランプをデスクに固定する

    土台となるC型クランプをデスク天板に挟み込みます。

    ちなみに公式では6.6cmまでの天板厚にしか対応しない記載がありましたが、私の使用している一枚板(7.5cm)の天板でも挟めました。

    C型クランプの表面にはゴムシートが貼られていますが、裏面の挟み込む金具にはゴムシートが貼られていません。

    天板の裏面にも凹み跡など付けたくない人は、アーム補強プレートの併用をおすすめします。

  2. STEP

    スプリングの反発力を調節する

    +ドライバーを使用し、スプリングの反発力を調節します。

    表面から調節できないのは少し厄介ですが、これも美しいデザインを保つための施策なのでしょう。

    後から調節することも可能なので、最初は程よく締めておきます。

  3. STEP

    C型クランプに差し込む

    C型クランプの穴に、アーム本体の突起を差し込みます。

    サイズ感もバッチリで、ガタツキもありません。

    つなぎ目もナチュラルに馴染んでいます。

  4. STEP

    各部の角度調節

    挿し込んだままだとアームが伸びっきりになっているので、各関節の調節が必要です。

    先程も紹介した調節つまみで、角度を固定します。

    結構強めに締めないと固定できません。

  5. STEP

    マイク本体を取り付ける

    ある程度角度を決めたら、マイク本体を取り付けます。

    マイクアームの先端がネジ山なので、ショックマウントがあると望ましいです。

    取り付けるとこんな感じになります。

  6. STEP

    ケーブルを通す

    マイクを取り付けたら、最後にマイクケーブルを取り付けます。

    マイクアームの背面に溝があるので、そこにケーブルを隠します。

    隠したら、3箇所に付いているクリップでパチっと固定します。

  7. STEP

    設置完了

    以上で、Blue Microphones マイクアームの設置が完了です。

Blue Microphones マイクアームをレビュー

Blue Microphones マイクアームの実際の使用感をレビューしていきます。

スプリング内臓でスタイリッシュな外観

Blue Microphones マイクアームはスプリングを内蔵しているので、表面からは一切見えることがありません。

他社製のマイクアームはアームの内径にスプリングが取り付けられているものがほとんど。

ここが、Blue Microphones マイクアームの最大の魅力です。

横から見るとこの通り。

本当にただの鉄の棒状で、かなりスタイリッシュな仕上がりです。

マイク使用時
マイク収納時

使用する時と収納する時も、スプリングが見えないと非常に美しいです。

ゆっぺ

ゆっぺ

デスク上がスッキリ見える!

スプリングがあると、角度を調節した時にビヨ〜〜〜ンみたいなだらしない音がするのですが、内蔵されているとそのスプリング音さえも聞こえません。

まさにプロフェッショナルなマイクアームです。

ケーブル格納でかさばらない

ケーブルが格納できるのはめっちゃ嬉しい。

もちろん他社製のマイクアームでケーブル格納できるタイプのものもあるのですが、表面にむき出しなんですよね…。

Blue Microphones マイクアームは完全に内側に隠し切ることができるので、より美しくまとまります。

クリップもしっかりした造りで、パチっと強力にはまります。

類似品でまるっきりそっくりな安価なマイクアームがAmazonで販売されていましたが、そちらはクリップの造りが粗く、まともにケーブルを固定できたもんじゃありませんでした。(購入して実証済み)

カーブする箇所には溝はないのですが、それでも吸い付くようにしっかり固定されています。

ケーブルはいかに隠せるかで美しさが決まります。

調節は少し固め

アームの角度を変える際に調節つまみを回しますが、このつまみが結構固めです。

さらに、完全にその位置に固定する際、これでもかってくらい強めに締めないと簡単にアームが動いてしまいます。

その分、ガッチリ固定することはできるのですが、もう少しつまみが柔らかくても良かったのではないかと感じました。

ゆっぺ

ゆっぺ

回しやすくてしっかりとした造りのつまみなんだけどね…

1回1回固定が必要で自在に調節できない

マイクアームと言うと、モニターアームのように自由に位置調節ができるように思いますが、Blue Microphones マイクアームは固定式なので縦横無尽に動かすことはできません。

ちなみに、フリーハンドで動かせるように全部の調節つまみを緩めると、スプリングが反発してアームが直線状に伸びきります。

なので、マイクを使用する際は1回1回つまみを調節し、自分の望むポジションに固定する必要があります。

逆を捉えれば、どんな状況でもベストポジションに固定できるのは良いんだけどね…

少し厚みのある天板にも対応

実はこれは私がBlue Microphones マイクアームを選んだ2番目の理由になるのですが、結構厚めの天板にでも対応してくれるんです。

私のデスクの天板は無垢の一枚板を使用し、厚みが7.5cmもあります。しかし、この厚みに対応できるマイクアームはほとんど見つかりませんでした。(最大でも6cm厚)

半ば諦めていたのですが、無理を承知の上Blue Microphones マイクアームを購入したらなんとギリギリ挟み込むことができました。

なので、私のように極厚天板を使用している人にも、Blue Microphones マイクアームをおすすめします。

Blue Microphones マイクアームのまとめ

以上、スプリング・ケーブルの見えないスタイリッシュなマークアーム『Blue Microphones マイクアーム』のレビューでした。

やはりスプリング・ケーブルが見えないのは非常にスタイリッシュで、デスク上もスッキリ見えます。

縦横無尽に動かせないのは少々難点でしたが、そこまで頻繁に動かすものでもないのでここは良しとします。

高価なマイクアームですが、価格に見合う満足感を感じられる逸品でした!

ゆっぺ

ゆっぺ

高品質マイクアームをお探しの方は是非おすすめです!

以上、ゆっぺ(@greenvip_jp)でした。

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがおすすめ!
現金でチャージするたびに、チャージ額×最大2.5ポイント還元されます。

ゆっぺ

ゆっぺ

えっ!!お得すぎ!!!

今なら、5000円チャージで1000円分のポイントがキャッシュバックされるキャンペーンも実施中です。

  • 初回チャージで1,000円分のポイントGET
  • チャージ金額に合わせ最大2.5%のポイントGET

\ 今すぐチャージ! /

ゆっぺ

ゆっぺ

暮らしに役立つガジェットとDIYを主に紹介するブログです。詳しいプロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)