【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

「壁に棚を取り付けたいけど、賃貸だから壁に穴を開けられないよ〜」

「壁をもっと装飾したいけど、賃貸だから壁に傷つけられないし・・・」

 

賃貸であるがゆえに、お部屋の装飾に困っている人がたくさんいるのではないしょうか。

どこの物件も壁に穴を開けるなど言語道断ですからね。

 

しかし、そんな賃貸にお住みの方も『ラブリコ』というものを使えば、壁を傷つけずに、しかも簡単に壁を作ることができてしまいます。

 

ではまず完成品からどうぞ。

DIYに興味がある人であれば1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

ラブリコ』というアジャスターパーツを使って『床と天井』を突っ張り、そこに横並びに木の板をはりつけ『仮想壁』を作るという仕組みです。

 

これを作ることにより、自由にビスを打って棚を取り付けたり、気楽に画鋲を刺したりすることができます。

 

ゆっぺ
何も装飾しなくてもあるだけでおしゃれだし!!

 

DIY初心者の方でもこの記事を最後まで読めば簡単に作成できるので、是非参考にしてみてください。

 

こんな人に読んでほしい!”

  • 賃貸で壁に穴を開けられず困っている!
  • 壁がコンクリートで穴が開けられない!
  • 壁をおしゃれに見せたい!

ラブリコ壁作成|材料

木材

  • 2×4材 2055mm ×2(天井の高さによって異なる)
  • 1×4材 1700mm ×15(幅の広さによって異なる)

2×4材、1×4材ともにホームセンターで『格安』で販売されています。

反りが大きかったり節目の多いものもあるので、しっかり選んで購入しましょう。

 

2×4材は天井から床の高さでサイズは異なります。

ラブリコを使用する場合高さ−95mmの木材を用意する必要があるので、私の部屋の高さは2150mmだったためラブリコ分を引いて2055mmのサイズとなります。

MEMO
なぜ柱の高さが−95mmなのかというと、その95mm分を使ってネジで天井と突っ張るためです。

 

1×4材は天井までの高さを見て必要な分購入すればいいと思います。

私はデスクより下まで足りればよかったので、15枚購入しました。

隙間を15mm開ける予定なので、同じように隙間を開けたい人であれば隙間の15mmも計算に入れておきましょう。

注意
購入前の計測はとても重要です。

「こんなはずじゃなかった!」とならないように、しっかり寸法を測りましょう。

塗料

  • ブライワックス(クリア・チーク)
  • 水性ステイン(オーク)
  • アメリカーナ(イエローグリーン)×2
  • 刷毛
  • 捨てTシャツ、布

塗料はもちろんお好みの色でOK。

ステインやブライワックスについては『おしゃれPCデスク作成』の記事でも紹介しているので、ごらんください。

【簡単DIY】DIY初心者でも超簡単に作れるおしゃれPCデスクの作り方!!

 

今回は『水性ステイン』を選びました。

油性に比べ深みツヤが弱くなりますが、匂いがほぼほぼ無く、手についても簡単に取れるので気になる人は水性でいいと思います。

色は『オーク』で、デスクと反対の暗めの色を選びました。

仕上げ剤の『ブライワックス』は、以前使用したチークに加え、『クリア』を新たに購入しました。

これはアメリカーナで塗装した『イエローグリーン』部分を仕上げるためです。

アメリカーナはアクセントカラーの『イエローグリーン』を購入。

『水性アクリル塗料』なので、絵の具のような感覚で濃く着色することができます。

1本あたりの容量が少ないので、2本購入しました。

刷毛はカインズ商品のものを購入。

100円ほどの『格安』で購入できるのでおすすめです。

アジャスター『ラブリコ』

  • ラブリコ ×2

今回の主役である『ラブリコ』です。

カラーは『オフホワイト』『ブロンズ』『ヴィンテージグリーン』の3色展開。

私は無難な『ブロンズ』を購入しました。

セット内容は

  • アジャスター ×2
  • 取扱説明書

両側の柱2本で支えるためラブリコを2つ購入しました。

MEMO
ラブリコは『柱の本数分』必要になります。

この記事ではラブリコの紹介ですが、類似商品として『ディアウォール』というものもあります。

両者の違いとして、

  • ディアウォール → バネ式で『自動』で突っ張る
  • ラブリコ → ねじ回しの『手動』で突っ張る

一見自動で突っ張るディアウォールのほうが便利そうに見えますが、バネ式だと突っ張る力が限られてしまうため、手動で突っ張る力を変更できる『ラブリコ』の方をおすすめします。

ラブリコ壁作成|材料調達

カインズホームで購入しました。

2×4材×2本と、1×4材×15本を購入。

 

画像で見たように、4枚を綺麗なイエローグリーンにしたいため、4枚のみ節のない『クリア材』に変更しました。

ゆっぺ
1×4材 6Fでこの値段・・・

 

超激安ですね。

MEMO
後日見に行ったら1本あたり198円に変更されていました。

日によって価格は変動するようです。

2×4材や1×4材はほとんどのホームセンターで売っているので、安いところを見つけて買いましょう。

この本数をカットするのは面倒なので、『加工サービス』を利用します。

こんな感じで書くとカットしてもらえます。

1カット50円で、同じ寸法のものが複数あったので、まとめて4カットの200円で済みました。

ラブリコ壁作成|加工

塗料が綺麗に染み込むように、表面をヤスリがけしていきます。

おなじみの『ミニデルタサンダー』。

ミニサイズで相変わらず使い勝手が良いです。

角や側面もヤスリがけすると、綺麗に仕上がります。

今回は240番のみ使用しました。

 

ゆっぺ
240番あたりが1番色が入りやすいよ!!

後は車に積んでお持ち帰り。

ラブリコ壁作成の場合、のこぎりや丸鋸などの工具がなくても、カットサービスのみで事が済みます。

ラブリコ壁作成|塗装

下地の『水性ステイン』

まずは表面の木屑やゴミを布で拭き取っていきます。

これをしないと塗ったときにムラができたり色がのらなかったりします。

まずは下地の『水性ステイン』から塗ります。

使う分のみ容器に取り出し、

伸ばすように薄めに塗ります。

2度塗り3度塗りをするとより深みがでます。

側面もしっかり塗っていきます。

塗った後は乾く前に、すかさず布で磨きます。

こうすることによりムラが消え、色が染み込み、ツヤが出やすくなります。

 

オイルステインほどツヤは出ませんが、水性ステインでも多少のツヤは出せます。

これで1本目は完成。

裏面は見えないので、今回は表面のみの塗装とします。

 

色が薄いが、仕上げ材のブライワックスで深みを出せるため1度塗りで終了。

2×4材も同じように塗り、13本を同時乾燥させていきます。

乾燥させている間にアメリカーナで4本のクリア材を塗装します。

中身は意外にもドロドロ・・・。

 

ゆっぺ
1本分でこれしか入っていないのか・・・

色の乗りは良いが、伸びがあまりよくないです。

根気よく塗りましょう。

こちらも側面まで塗って終了。

表面を塗装しているだけなので、磨く必要はありません。

同じく乾燥させます。

乾きが少々遅いので、1時間以上は置いたほうが良さそうです。

水性ステインが乾いたところで仕上げの『ブライワックス』工程。

深みを出していくため『チーク』を使います。

ブライワックスは刷毛ではなく布で塗料をすくい、布で塗っていきます。

 

塗り方については、『おしゃれPCデスク作成』の記事で紹介しているので、そちらをごらんください。

【簡単DIY】DIY初心者でも超簡単に作れるおしゃれPCデスクの作り方!!

かなり深みのある色に仕上がりました。

やはり下地が水性ステインなことからツヤの出が悪いですが、控えめ程度でちょうどいいです。

塗る前と塗った後では大違い。

ブライワックスの深み効果は素敵ですね。

同様に13本全てにブライワックスを塗り、乾燥させます。

そろそろ乾いたであろうイエローグリーンに仕上げ剤の『ブライワックスクリア』を塗っていきます。

中身はクリーム色。

色が入っていないせいかすごくトロトロです。

水っぽいことから伸びが凄く良く塗りやすいです。

布で磨きながら塗っていきます。

ゆっぺ
うーーーーん。
正直塗る前と塗った後の違いがわからない・・・。

 

仕上げ剤として一応塗っておきましたが、アメリカーナには必要ないかもしれません。

乾燥させ、17本の塗装工程が終了。

 

ゆっぺ
塗装だけで3時間かかったよチクショーーー!!!

ラブリコ壁作成|組み立て

木材に印をつける

木材の両端にビスの打つ箇所の印を付けていきます。

そこで活躍するのがこちら。

ツーバイフォー定規』です。

2×4材、1×4材に一瞬で印が付けられるスグレモノです。

DIYをこれからもしていきたいと思う人には超オススメの便利ツールなので、1つは持っておいたほうがいいと思います。

柱の両端と合わせるとつんつるてんになってしまうため、余裕をもたせて端から120mmの位置にビスの印を描きました。

1箇所では頼りないので、上下2箇所記していきます。

 

穴が均等に空いているので、そこに鉛筆やボールペンでちょんと描くだけでOK。

印をつけるとこのようになります。

これを1×4材全てに行います。

『ラブリコ』の取り付け

ここでキーアイテム『ラブリコ』の取り付けを行います。

天井部分に突っ張る方と、床部分に何もついてない方をはめ込みます。

2×4材ぴったりに設計されているため、簡単に装着することができます。

ラブリコを設置するための位置を記していきます。

先程1×4材に両端から120mmの位置に印をしたので、そこに2×4材の半径44mmを足し、164mmの位置に印を付けます。(印の位置は柱の右側を合わせるためのものです)

床に軸を置き、天井にアジャスターを合わせます。

時計回しに回すと突っ張るので、まずは軽く締め、位置を微調節します。

横から叩いてあげると微調整しやすいです。

最終的な位置調整で便利なものが『ポケット水平器』。

縦でも横でも水平が確認できる便利アイテムです。

これも1つ持っておくといいですね。

水平器を柱に当て、上の気泡が中心に来ると縦は垂直になっている証です。

位置が決まればネジを思い切り締め固定します。

反対側の柱は細かく寸法を測って配置するのが面倒なので、1×4材を試しに当て、だいたいの位置で配置しました。

ビス止め

使用するビスはこちら。

木割れしにくい少し良いビスを購入しました。

おしゃれに見せたいためブラックのビスを選択。

まずは柱に打ちやすいように印を付けた場所に半分だけビスを打ち込んでいきます。

注意
この際、作業台まで貫通してしまわないように、作業台からはみ出た位置でビス打ちしましょう。

本来であれば1×4材を柱に当て、ドリルで下穴を開けてからビス止めのほうが綺麗にいくのですが、一人での作業だったため難しく、下穴なしで直接ビス止めをすることにしました。

全ての印にビスを打ち終わった後、柱に取り付けます。

1番上の基準となる面はアジャスターの出っ張りに合わせると簡単に水平にすることができます。

先程の水平器を乗せるとさらに正確に配置できます。

1枚目は基準となる重要な面なので、必ず水平にさせてビスを打ち込みましょう。

2枚目以降は、上の面との間に水平器を挟むと均等に隙間を開けることができ、さらに水平も測ることができます。

ちなみにこの水平器、横にするとちょうど15mmなので、両端に水平器を挟むと15mm間隔で簡単に取り付けられます。

後はこれを繰り返していくだけ。

下穴を開けなかったため、柱にビスが入り込んだ際ズレや浮きが生じてしまいますが、最後までビスを打ち込めばなんとか隙間なく面を取り付けることができます。

ラブリコ壁作成|完成!!!

いかがでしょうか。

天然の木であることから多少のズレや歪みは生じてしまうものの、かなりきれいに仕上げることができました、

 

色についても、合間合間にアクセントカラーを混ぜることで一味違うものに仕上がりました。

正面から見るとこんな感じ。

少し残念だったのが、この幅だと中心あたりが少し頼りないこと。

押したり引っ張ったりすると若干しなってしまいます。

 

アートパネル程度じゃ大丈夫だと思いますが、ここに『棚』を付けたり『重いものをぶら下げる』となると中心にもう1本柱を設けた方が良さそうです。

 

ゆっぺ
本数も多かったことから完成まで2日ほどかかりました。

ラブリコ壁作成|まとめ

壁に穴を開けられるだけでなく、おしゃれ感もUPしましたね。

配色なども自由に決められるので、DIYで自分で作るのは本当にオススメです!!!

 

部屋をおしゃれにしたい人、壁に棚など取り付けたい人、是非『ラブリコ』を使っておしゃれに壁を作ってみてください!!

L字型に壁を増やしたい人はこちら

【賃貸DIY】『ラブリコ』を使えば壁を傷つけずに棚の取り付けが可能!!DIY大活躍の『仮想壁』作ってみた!〜L字型〜

 

あわせて読みたい!

【簡単DIY】DIY初心者でも超簡単に作れるおしゃれPCデスクの作り方!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)