どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

先日、HHKBを使うと中毒になる記事を紹介させていただきました。

 

HHKBを使うと中毒になる記事

 

私はMacBook12インチとの併用を目的として購入したので、もちろん、MacBookと一緒に持ち歩くのが前提です。

 

そのために必須となるのが「ケース」

さすがに3万もするキーボードをで持ち歩くわけにはいきません。

 

HHKB専用のケースがAmazonで販売されていたので、早速購入しました。

この記事ではHHKB専用ケースの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

HHKBソフトケース 開封

Amazonで2,160円で購入。

メーカーは「バード電子」というところ。HHKB純正ではないようですが、Amazonでは専用ケースがこちらしか見つけられなかったのでおそらくHHKB純正といっても良いかもしれないです。

 

カラーはブラック1色のみ。

ケース右上にはBIRDという社名ブランドのタグが付いています。

表面の質感はソフトケースそのもの。

手触りはよく、安っぽい感じはしません。

 

内側もソフトな生地になっていて、キーを優しく包んでくれそうです。

 

しかし、キーボードを守るにしては厚さがあまりなく、少し不安が残るところ。

サイズ感はほぼぴったりです。

さすがHHKB専用ですね。

早速入れてみたのですが、サイズは少しゆとりがあります。

きつきつではないので、キーには優しいです。

最後まで入れるとほぼぴったり。

 

少し深みをつけるか、フタなど付いているともう少し守られるのかなと思いましたが、最後まできっちり入っているのでそこは安心ですね。

カバンに入れてみた

私の愛用のCote&Cielのリュックに入れてみましたが、引っかかりもなくすっぽり入ります。

 

ケースの上部ががら空きなので、キーボードの上に物が乗ったりしないよう、キーボード自体は上の方に配置したほうが良さそうです。

 

少しケース自体にゆとりはあるものの、カバンの中で勝手にキーボードが出てしまうなんてことはなさそうです。

スポンサーリンク

保護性能の評価は?

評価として、保護する目的としては80点程でしょうか。

やはりキーボードサイドが守られないのは少し不安です。

 

キーボードは衝撃が加わることが想定されていなく、精密機器なのでもう少ししっかり守りたいところです。

iPadなどであれば口の開いたソフトケースで良いんですけどね。

 

ソフトケースではないのですが、HHKBから専用のハードケースが販売されているので、予算があればそちらを購入するのもアリだと思います。

こちらはカバンのような形をしているので私の好みではありませんでしたが・・・。

 

私は最低限守れればいいと思ったので、しばらくこのソフトケースを使っていこうと思います。

まとめ

HHKBを持ち歩きたいのであれば、間違いなくケースは必須になります。

キーボードの隙間にホコリが入ったリ、衝撃でキーが取れてしまうことなんかも考えられます。

 

最低限守れればいいと思っている人は、このソフトケースで十分だと思います。

せっかく3万も払って購入した高級キーボードなので、大切に使っていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事