【レビュー】HHKB BTを大切に持ち歩くために『スマートケース』は必須!!

どうも。あっという間にHHKB Professional BTの虜になったゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

先日紹介した『HHKB Professional BT(以下HHKB BT)』は、MacBook12インチと併用して使っています。

ノマドワーカーである私はMacBook12インチを常に持ち歩いているので、併用となると必然的にHHKB BTも一緒に持ち歩くということになります。

 

ゆっぺ
えーーーーーーー。
3万もするキーボードカバンに放り込んで持ち歩きたくないよ〜〜〜〜〜

 

そんな時に大活躍するのが『HHKBスマートケース』。

さすがに3万もするキーボードをで持ち歩くわけにはいかないので購入しました。

 

この記事ではHHKBスマートケースの紹介をしたいと思います。

HHKB Professional BT レビューはこちら

【レビュー】MacBook12インチで『HHKB Professional BT』を使ったら快適すぎて中毒になった。

HHKBスマートケース|概要

メーカーは『バード電子』となっていますが、HHKB BTの公式販売サイト『PFUダイレクト』にも販売されているので、公式認定のものとなっています。

 

カラーはブラック1色のみ。

表面の質感は『ソフトケース』とも呼べるようなクッション性のある柔らかさです。

手触りもよく、安っぽい感じはしません。

 

内側もソフト生地になっていて、キーボードを入れる際にもキーに負担をかけさせません。

 

しかし、キーボードを守るにしては「若干薄いかな?」とも思い、少々不安が残るところ・・・

サイズはほぼぴったりです。

さすがHHKB専用ですね。

早速入れてみたのですが、サイズは少しゆとりがあります。

きつきつではないので、キーには優しく、入れやすいです。

最後まで入れるとほぼぴったり。

 

少し深みをつけるか、フタなど付いているとサイドも守られるのかなと思いましたが、最後まできっちり入っているのでそこは安心ですね。

カバンに放り込んでみた

愛用のCote&Cielのリュックに入れてみましたが、引っかかりもなくすっぽり入ります。

 

スマートケースの上部ががら空きなので、キーボードのサイドに物が乗ったりしないよう、キーボード自体は上の方に配置したほうが良さそうです。

 

少しケース自体にゆとりはあるものの、カバンの中で勝手にキーボードが出てしまうなんてことはなさそうです。

保護性能としての評価は?

評価として、保護する目的としては80点程ですね。

やはりキーボードサイドが守られないのは少し不安です。

硬いものを入れたとするとキーボードに直撃するかもしれませんしね。

 

スマートケースの他に、HHKB専用ハードケースも販売されているので、予算があればそちらを購入するのもアリだと思います。

 

ゆっぺ
私はスマートケースで十分活用できているよ!!

HHKBスマートケース|まとめ

HHKB BTに限らずですが、キーボードを持ち歩く際はケースはほぼ必須です。

キーボードの隙間にホコリが入ったリ、衝撃でキーが取れてしまうことなんかも考えられますからね。

 

HHKB BTを購入した人は、こちらの『スマートケース』も一緒に購入し、大切にHHKB BTを持ち歩きましょう!!

あわせて読みたい!

【レビュー】MacBook12インチで『HHKB Professional BT』を使ったら快適すぎて中毒になった。【不具合】HHKB Professional BTで接続が不安定・連続文字入力される時の対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)