フロントページはこちらから

【MOFT MagSafe対応 レビュー】iPhone 12シリーズにマグネットで装着できるMOFT【iPhone 12 mini】

どうも。ゆっぺ(@greenvip_jp)です。

 

私にとってスマホスタンドは、iPhoneを使う上で欠かせない存在。

MOFT X

これまで、スタンドでありながらカード収納ポケットも搭載している「MOFT X」をずっと愛用していました。

しかし、iPhone 12 mini に乗り換えたところ、サイズの都合でMOFT Xは使用できず…

ゆっぺ
iPhone 12 mini対応のMOFTが発売されるのを待ち望んでいました…

 

そしてついに、iPhone 12シリーズで使用できるMOFTが発売されました。

それが『MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet』。

iPhone 12シリーズ用に作られたMagSafe対応のMOFTです。

MOFT Xは粘着シートを用いてiPhoneに固定していましたが、今作のMOFTはマグネットを使用した固定方式。

簡単に着脱できるので、状況に合わせて柔軟に対応できるようになりました。

スタンド機能やカード収納ポケットなど、使い勝手の良さは従来通り。

MagSafe対応MOFTは、MagSafe充電器を間に挟んで充電しながら使用することも可能

MagSafe機能を存分に活かした造りとなっています。

ゆっぺ
iPhone 12ユーザーは是非一度使ってみてほしい!

この記事では、iPhone 12シリーズにマグネットで装着できるMagSafe対応MOFT『MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet』のレビューをしていきます。

この記事の著者
おなまえ

ガジェット×DIYブロガー

ゆっぺ

Yuppe

プロフィール

ガジェットとものづくりが大好き。遊び心のあるガジェットや、賃貸で実現可能なDIYを紹介しています。
プロフィール詳細

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet の概要

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet は、スマートフォンやPC対応のスタンドを販売するメーカー「MOFT」の製品です。

初代スマートフォン用MOFT「MOFT X」に引き続き、MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet は2世代目の製品となります。

グレー

ブラック

ブラウン

ブルー

MEMO
画像を横スクロールできます。

カラーラインナップは、「グレー」「ブラック」「ブラウン」「ブルー」の4色展開。

私はiPhoneのグリーンに合いそうなグレーを選びました。

こちらがMOFT Snap-On Phone Stand & Wallet 本体。

従来のMOFT Xと比べ、一回り小さいサイズ感になりました。

表面素材はヴィーガンレザー(フェイクレザー)を使用。傷がつきにくく、水気にも強い素材です。

厚さは3mm程度で、相変わらず薄いです。

ゆっぺ
初めてのMOFTを手に取る人は、あまりの薄さに驚愕すると思います…

内側にマグネットが仕込まれており、指を引っ掛けて持ち上げるとスタンドが開きます。

背面は何もない平面。

ここにMagSafeの磁石が内蔵されています。

重量は40g

装着方法は、iPhoneの背面にペチッとくっつけるだけ。

MagSafeの円に合わせて、的確な位置に吸着します。

iPhone 12 mini にぴったりなサイズ感です。

横から見るとこんな感じ。

カメラには干渉しないので、撮影に影響は及ぼしません。

MagSafe MOFT のいろいろな使い方

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet の様々な機能性を紹介します。

縦置きスタンド(ポートレートモード)

iPhoneを縦置きできるモード。

人間工学に基づいた適切な角度設定で、見やすい角度にiPhoneを固定できます。

表面を見るとこんな感じ。

デスク上に縦置きで設置するとSNSやブラウジングが捗ります。

ゆっぺ
私は食事中YouTubeを見るときによく使います!

安定感はまずまずで、手をぶつけたりしない限り倒れることはありません。

横置きスタンド(ランドスケープモード)

iPhoneを横置きできるモード。

主に、映画鑑賞やYouTube鑑賞をするときに活躍します。

しかし、iPhone 12 mini で横置きにした場合、サイズの都合上若干傾いてしまいます。(iPhone 12 mini 以外は安定して横置きできます)

これは改善しようがないので、iPhone 12 mini ユーザーは次項のフローティング ランドスケープモードを使ったほうが良さそうです。

MagSafe横置きスタンド(フローティング ランドスケープモード)

MagSafe機能を活かし、iPhoneを宙に浮かせた横置きモード。

iPhoneのみを回転させて固定させる面白いモードです。

これなら完全にiPhoneを水平にできるので、快適に動画視聴を楽しめます。

また、位置も少し高くなるので首への負担も軽減します。

唯一不安が残るのが、安定感があまりないこと。指で突くとぐらつきます。

触れなければ影響はありませんが、参考までに。

ウォレットケース

スタンド展開したときに表れる上部のポケットに、カード類を収納できます。

最大収納枚数は3枚。頻繁に出し入れするのであれば1枚が丁度いいです。

公式のQ&Aによると「クレジットカードのような磁気カードには影響はありませんが、IDカードのようなストライプカードには影響を与える可能性がある」と記載されていました。

特別な磁気防止対策はされていないようなので、心配な人は使用を控えたほうが良いかもしれません。

バンカーリング代わり

間に指を挟めることで、バンカーリングのような使い方もできます。

数本の指をまとめて入れられるので、ガッチリiPhoneをホールドできます。

MagSafe充電機と併用

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet の目玉機能の1つ。

純正のMagSafe充電器を使って充電しながら、併用してMOFTスタンドも使用することができます。

iPhone → MagSafe → MOFTの順で貼り付け、全て磁力で一体化します。

MagSafe充電器を挟んでの使用だったので重みで落下しないか心配でしたが、特に磁力が弱まったりすることなく安定して固定できました。

ゆっぺ
MagSafe充電しながら使用できるのは嬉しい!!

マグネットマウント

オプション品のマグネットマウントを使うことで、好きな場所にMOFT付きiPhoneを固定できます。

背面は粘着力の強い3M製の両面テープなので、どこでも貼り付けられそうです。

試しにキッチンの壁に貼ってみました。

しっかりと貼り付き、かなり安定しています。勝手に落下してくることもなさそうです。

ゆっぺ
クックパッドとか見ながら料理するのに便利だね!!

実際に使用してみて

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet を実際に使用してみて感じたことを話します。

多彩なスタンド機能であらゆるシーンに対応できる

MOFTスタンドの醍醐味であるスタンド機能ですが、3種類の方法で設置できるのでシーンに合わせて使いやすいです。

特に私はながら作業をすることが多いので、見やすい角度にiPhoneを固定できるのはとても便利。

iPhoneを使用していると「こんな時スタンドで立てかけられてら便利なのに…」と思う時が度々あるのですが、MOFTを装着しておくことでどこでもスタンド展開できるようになりました。

ゆっぺ
薄くて邪魔にならないから、付けておいて損はなし!

着脱ができるからケースも変えやすい

MOFT Xと違い簡単に着脱ができるので、ケースを変えたときも安心です。

一応MOFT Xも付け替えはできたのですが、粘着式だとどうしても粘着力が低下したり、ケースに痕が残ったりしてしまいます。

その点、MagSafe対応のMOFTはマグネット吸着式なので、粘着力や痕も気にする必要がありません。

ゆっぺ
気軽にケースを変えられます!

車載マウントが凄く便利

マグネットマウントを車内に貼ることで、車載マウントとして活用することもできます。

MOFTを取り付けたことにより、これまで使用していた車載マウントが使えなくなる人もいるかもしれませんが、MOFTマグネットマウントを使用すればこれまで通り車内への設置が可能になります。

また、こういった磁力で固定させる車載マウントを使用している人もいると思います。

ゆっぺ
簡単に取り外しができるので、私はこのタイプのマウントを長らく愛用していました。

実はMagSafe対応のMOFTは、このタイプのマウントにも対応できます。

MOFTマグネットマウントと同じ原理で固定できるので、今まで使っていた人は使い回しができます。

ゆっぺ
このタイプのマウントを使い続けられるのは嬉しい!

磁力はもう少し欲しかったところ

磁力については、日常生活で使う分には問題ないものの、もう少し強くても良かったんじゃないかというのが正直な感想です。

MagSafe充電器や他のMagSafeアクセサリーと比べても若干弱めに感じます。

ゆっぺ
車載マウントやバンカーリングとして使用する人もいるので、せっかくならガッツリ磁力で固定してほしかったところ…

もちろん普通に使用する分には外れることはありませんが、横へのスライドには特に弱いので、うっかり落としてしまわないよう注意が必要です。

MagSafe非対応ケースだとギリギリの磁力

ケースにもよりますが、MagSafe非対応のケースだとギリギリの磁力です。

現在iPhoneに付けているのは薄さ3mmの「Frost Air」ケースですが、ここまで薄いケースでもなんとか貼り付いているレベルの磁力。これより厚めのケースだと、少しの衝撃でポロッと外れてしまいそうです。

ゆっぺ
特にiPhone 12や12 Proだと、自重ですぐに外れてしまいそう…

もともと磁力がそこまで強くないMOFTなので、安全に使うためにもMagSafe対応のケースをおすすめします。

旧MOFT Xと比較してみて

最後に、旧MOFT(MOFT X)と比較してみます。

全体的な形状はほぼ同じですが、表面に使われているレザー素材が異なります。MOFT XはPUレザー製でしたが、使っていくうちに傷や剥がれが目立ってきました。

ゆっぺ
今作のMOFTに使われているヴィーガンレザーは期待が持てそう…!

スタンドの展開方法や角度は変わりなし。

iPhone 12 mini だとこの角度になりますが、大きめのiPhone 12 ProやPro Maxになると貼る位置の関係でもう少し傾斜が緩やかになります。

背面がこちら。

左が粘着シートを用いたMOFT Xです。

何度でも再利用ができると言われている粘着シートですが、流石に1年以上貼りっぱなしだとベタベタになっていました。

しかし、間違いなく完全に固定できるのはMOFT Xの方なので、ケースも変える気ないしずっと付けっぱなしで大丈夫な人はMOFT Xの選択もありかもしれませんね。

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet のまとめ

以上、iPhone 12シリーズにマグネットで装着できるMagSafe対応MOFT『MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet』のレビューでした。

 

MOFT Snap-On Phone Stand & Wallet は、iPhone 12用に作られたMagSafe対応のMOFTです。

3種のスタンドに加え、ウォレットケースやMagSafe充電など、数々の機能を搭載した万能スマホスタンド。

薄くて邪魔にならないスマホスタンドをお求めの人におすすめの逸品です。

ゆっぺ
MOFTスタンドが気になっている人は、是非1回使ってみてほしいです!

以上、ゆっぺ(@greenvip_jp)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)